Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北欧に学ぶおうち時間。シンプルで心地のいい空間づくり

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

新型コロナウイルスでの外出自粛という、未曽有の事態に見舞われた今年。非常事態宣言が解除されたとはいえ、今後も三密を避けなければならないうえ、梅雨に突入すれば引き続きおうち時間が長くなりそうです。 家事をがんばりすぎない!夫婦げんかにならない北欧式シェアの中身 そんなときは、もともと家時間が長い北欧の暮らしが参考になるかもしれません。北欧に詳しいルミコハーモニーさんが、教えてくれました。

北欧の家時間の楽しみ方。シンプルでデザイン性の高い家具と過ごす

●おうち時間の過ごし方が得意な北欧の人々 北欧の冬は暗くて長く16時には真っ暗になり、朝の9時でもまだ暗いのが普通。そんな環境の北欧の人々は、おうち時間の過ごし方がとっても上手なんです。 わが家は夫がフィンランド人で、現在日本で暮らしていますが、今回の外出自粛期間中にパンを焼いたり、親子で料理をしたり、木材で机をつくったりしました。 今まで休日はお出かけばかりして、おざなりになっていたことに取り組むことができ、少し北欧のライフスタイルに近づけたかなと思います。

フィンランド語には、kalsarikannit(カルサリカニット)という言葉があります。これは「外出予定がなく自宅でパンツ一丁で酔っ払う」という意味。 フィンランドは世界で初めて政府が公式の絵文字(emojis)を発表した国ですが、上の画像は、このkalsarikannit(カルサリカニット)を表現した絵文字です。 外出せずおうち時間を楽しむことが、いかにフィンランドの国民性なのかがうかがわれますね。 1枚目の写真は、フィンランド人のご自宅。居心地のいい部屋で、ティータイムを過ごしている姿がうかがえます。 自宅でケーキを焼いて、ほっこり過ごすおうち時間。北欧は世界でもコーヒーの消費量が高いことで知られます。テーブルには定番のブルーベリージャムも! そして、マリメッコのぺーパーナプキンやArtekの家具などが、北欧らしい魅力を一気に高めていますね。 長時間過ごすおうちの中を快適でおしゃれに保ちたい北欧の方々は、無駄を削ぎ落したシンプルでデザイン性の高い家具で、心地よい空間をつくり出すのが上手です。

【関連記事】