Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「襟がイヤだ!」「すべてが無理」南野拓実も着用するリバプールの来季ユニホーム画像が流出! ファンはげんなり

配信

SOCCER DIGEST Web

ユーザー投票の結果は?

 プレミアリーグではマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、マンチェスター・シティなどに続き、来季のユニホームデザインがリークされた。 【写真】ファンは納得せず? リバプールの新ユニホーム画像はこちら!  各国リーグの新ユニホーム情報を収集しているメディア『Footyheadlines』は5月22日、リバプールの2020-21シーズンの新キットとされる画像を投稿した。ホーム、アウェー、サードの新デザインがGK用とともに明らかになっている。  ホームユニはチームカラーの赤をベースに、襟とサイドに白と緑を組み合わせたラインを差したデザイン。アウェーは「ハイパーターコイズ」色をベースとし、ロゴや背番号は黒で入る。また、サードは黒とグレーの正方形が組み合わさった市松文様に、ピンクのロゴというスタイル。そして、GKはイエローとグレーのシンプルなユニホームとなっている。  ファンの反応は批判的な意見が多いようだ。 「もうすべてが無理」 「なんで襟がこんなマヌケになるんだ」 「ホームキットが圧倒的にダメだ」 「6年前のインドネシア代表のユニホームの焼き直しだ」 「アウェーのユニホーム、これリバプールの色じゃないだろ」 「とりあえず襟がいやだ。襟がイヤだ!!」 「時間が経てばマシに見えるかもしれない…」 「オレは着ている姿を見てから、盛大に文句を言う」 「着ている姿をピッチで見たとき、今よりも良く見えることを祈るしかない…」  ちなみに、ファンサイト『READ LIVERPOOL』で行なわれたユーザー投票では、この新キットに対して「嫌い」と答えたのが72%、「好き」は28%にとどまった。まだ正式発表ではないとはいえ、げんなりといったところだろうか。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】