Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

王室関係者が明かす、メーガン妃が「第2子を計画中」について

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

昨年5月に長男アーチーくんが誕生したメーガン妃とヘンリー王子夫妻。関係筋によると、生活が落ち着けばすぐに、2人目の赤ちゃんが欲しいと考えているようだ。また、『USウィークリー』誌に対し「夫妻はまもなく、本格的に検討し始めるでしょう」と語ったと伝えられている。 【写真】体型が変わってもますますキレイな、メーガン妃の華麗なるマタニティルック集 ただ、長男のアーチーはまだ1歳の誕生日を迎えておらず、夫妻は「幼いアーチーと一緒に過ごす貴重な時間を楽しんでいます」という。「まずは新しい環境に早く慣れたい、できる限りアーチーに気を配ってあげたい、と考えています」「もう一人赤ちゃんが欲しいと思っているのは確実ですが、無理をしてまで急ぐつもりはないようです」 先ごろカナダからLAに引っ越したばかりの夫妻。大きな変化を起こす前に、まずは生活を落ち着かせる必要があるということのよう。

ところで、王子と妃はなぜ、カナダからLAに引っ越したのかと疑問に思っている人もいるかもしれない。別の関係者は『サン』紙に対し、次のように語っている。 「ヘンリー王子とメーガン妃が、またカナダに戻ることはありません。アメリカとの国境は今のところ閉鎖されていますし、すべての航空便が運航を停止しています。夫妻は、とにかく(カナダから)出国する必要があったのです」 「ただ、そうすることは、以前から計画していました。さまざまな理由から、ずっとカナダにいることはできない、拠点はLAに置きたいと考えていたのです。LAには、彼らを助けてくれる人たちが大勢いるのです」 「ハリウッドで活動するエージェントとも新たに契約したほか、広報やビジネスのマネジメントを担当するチームのメンバーも、LAにいます。メーガン妃の多くの友人たち、もちろん、妃の母ドリアもいます」

夫妻の警護にかかる費用を誰が負担するのかなど、カナダに滞在することに問題があったのは事実。メーガン妃の故郷であるLAの方が、少しは気楽に過ごせるということなのかもしれない。 ただ、夫妻が今後どのようにして経済的な自立を実現するのかなど、正式にイギリス王室を離れることになる日を目前にして、具体的な話はまだ聞こえてきていない(なお、メーガン妃がナレーションを担当したディズニーのドキュメンタリー映画は、間もなく米国で配信が開始される予定)。 2人目の赤ちゃんのこともあわせ、夫妻の動向にますます注目が集まることになりそう。

【関連記事】