Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トレード物語 中日でファーム暮らしが近鉄で覚醒したブライアント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

中西コーチの指導で開花

 三振か本塁打か――かつて近鉄で豪快なアーチを連発した助っ人外国人がいた。ラルフ・ブライアント。1988年から95年の間、日本で活躍し、記録にも記憶にも残る選手として今も語り継がれている。そんなブライアントだが、来日当初から順風満帆だったわけではない。もし、「ある事件」が起きなければ一軍出場がないまま、近鉄でプレーすることもなく日本を去っていたかもしれない。その野球人生を紐解くと、不思議な縁で結ばれていることに気づかされる。 金村義明が語るブライアント「No.1の打撃。別格でしたね」  ブライアントは大学時代、野球よりアメリカンフットボールに熱中していた。だが、誰よりも打球を遠く飛ばす能力をMLBは放っておかなかった。1980年のドラフトでドジャース、翌81年の一次ドラフトでツインズから指名を受けるたが入団を拒否。81年の2次ドラフトで1巡目指名を受け、ドジャースに入団した。しかし、メジャーに定着はできず、マイナー・リーグでプレーする期間が長かったため、88年5月にドジャースと友好球団だった中日に移籍。年俸780万円だった。  当時のNPBの外国人選手の一軍登録は2枠。不動の守護神・郭源治とクリーンアップを担った強打者のゲーリー・レーシッチが好調だった。ブライアントは二軍でも日本の投手の変化球への対応に苦しんだ。当時27歳と若かったため球団内で将来性を評価する声も上がったが、空振りを繰り返す粗い打撃に「日本では通用しない」と指摘する意見も少なくなかった。  だが、人生はどう転ぶかわからない。88年6月7日。打率.303、7本塁打と好調だった近鉄のリチャード・デービスが麻薬不法所持で逮捕され、解雇が決まった。主砲の穴をどう埋めるか。白羽の矢を立てたのがブライアントだった。仰木彬監督、中西太コーチがファームの試合を視察して長距離砲としての潜在能力を高く評価し、入団が決まった。 「チャンスだと思った。近鉄は毎年、優勝争いをしているようなチームだったので、そのチームの一員に加われると聞いたときにはうれしかったよ。もちろん中日へのリスペクトはあったけど、近鉄に行くことで自分が変われるんじゃないか、という気持ちのほうが強かった」  活躍に懐疑的な見方が多かったが、中西コーチが熱心に指導した。 「中西さんは話好きで素晴らしい人だった。タイミングの取り方、内角攻めへの対応力などを教わった記憶があるね」  途中入団した88年に74試合出場で打率.307、34本塁打、73打点をマーク。勝てば優勝が決まるダブルヘッダー2試合目のロッテ戦(川崎)で延長10回の4対4で時間切れの引き分けとなり、勝率で上回った西武に4連覇を許したが、ブライアントは打線に不可欠な存在となった。

【関連記事】