Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍に全授業のオンライン化で「学びを止めない」を実践したグロービスの知見

配信

EdTechZine

 新型コロナウイルス感染症をきっかけに、多くの教育機関でオンライン授業への関心が高まっています。本稿では、3月の時点で、いち早く授業の完全オンライン化に踏み切った「グロービス経営大学院」の研究科長である田久保善彦さんに、その背景や得られた知見などを伺いました。(編集部)

コロナ禍を機に完全オンライン化に踏み切ったグロービス経営大学院

 2020年早春、世界中へ急速に拡散した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、教育の現場にも甚大な影響を与えた。非常に強い感染力を持ったウイルスによる被害を食い止めるため「外出自粛」「3密(密閉、密集、密接)の回避」が求められ、学生を教室に集めることを前提としていた多くの教育機関は授業の休止を余儀なくされた。現在も第2波、第3波の感染拡大に対する懸念が消えない中、教室での授業再開に伴うリスクを避けるため、授業の「オンライン化」を急ぐ組織もある。

 そうした中、今年3月の段階において、授業の「完全オンライン化」に踏み切ったのが、全国5か所のキャンパスに2000名以上の学生を抱える社会人向けビジネススクール「グロービス経営大学院」だ。グロービスでは、教室での授業を全面的にオンラインへと移行する際に、どのようなプロセスをとったのか。また、3か月以上にわたりオンライン授業を展開する中で見えてきたメリットや課題は何かについて、学校法人グロービス経営大学院で常務理事兼研究科長を務める田久保善彦氏に聞いた。

田久保善彦(たくぼ・よしひこ)氏

 グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長。学校法人グロービス経営大学院 常務理事。

 慶應義塾大学理工学部卒業、学士(工学)、修士(工学)、博士(学術)。スイスIMD PEDコース修了。三菱総合研究所を経て現職。経済同友会幹事、経済同友会・規制制度改革委員会副委員長(2019年度)、ベンチャー企業社外取締役、顧問等も務める。

全国で2000名以上の社会人が通う未来指向のビジネススクール

――グロービス経営大学院の概要をご紹介ください。

田久保:グロービス経営大学院(以下、グロービス)は、2006年に構造改革特区制度を利用して設立された専門職大学院です。できるだけ多くのビジネスパーソンに、良質な経営教育を施したいという理念のもと、現在、東京、大阪、名古屋、仙台、福岡の5つキャンパスに加えて、一部の科目を受講できる特設キャンパスを水戸、横浜、シンガポールに設けています。また、2015年からは、オンラインでの受講だけでMBAを取得できるオンラインMBAプログラムの提供も始め、現在はこれらのキャンパスに2000名を越える学生が在籍しています。

【関連記事】