Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『攻殻機動隊 SAC_2045』草薙素子が危機に直面する本編映像公開 シーズン2の制作も決定

配信

リアルサウンド

 4月23日よりNetflixにて全世界独占配信となる『攻殻機動隊 SAC_2045』の本編映像が公開された。 場面写真  1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表して以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成してきた『攻殻機動隊』シリーズ。本作は、『攻殻』史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSの共同で制作された。  メインキャストを務めるのは、田中敦子(草薙素子役)、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)ら。神山監督による『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズにおいて同役を演じたオリジナルキャストが、再び公安9課を演じる。  公開された本編映像では、計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した世界で、再結成した公安9課が、正体不明の存在“ポスト・ヒューマン”に立ち向かう姿が映し出される。彼らは、驚異的な知能と身体能力を兼ね備えた未知の存在で、社会を転覆させるような不可解な事件に直接的または間接的に関わっているようだが、目的は明らかになっていない。“ポスト・ヒューマン”との激しいバトルの末にアームスーツから引きずり出し、その動きを電脳錠で封じようとする草薙素子。そのまま電脳空間に引きこまれてしまい、卓越した電脳・戦闘スキルを持つ彼女でも太刀打ちできない状況に陥る。  また、すでにシーズン2の制作も決定していることが明らかになった。

リアルサウンド編集部

【関連記事】