Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【パ・リーグ】2019年ポジション別OPSを比較~Aクラス編~

配信

Baseball Geeks

パ・リーグのポジション別OPSに注目すると、指名打者や左翼手に強打者が多く、捕手・遊撃手には得点力のある選手が起用されていないことがわかっている。 そこで今回は、パ・リーグの中から、昨シーズンAクラスであった3チームについてポジション別OPSからわかるそれぞれの特徴を紹介していく。

得失点からみるパ・リーグAクラスの特徴

まずは、昨シーズンのパ・リーグの平均得失点状況について整理する(表)。 リーグ優勝を果たした西武は平均得点がリーグ最多であった。平均失点も最多ではあったが、圧倒的な打力でカバーした。2位のソフトバンク、3位の楽天も平均得失点差がプラスであり、Aクラスのチームは平均得点が平均失点を上回るといった理想的な戦い方ができていたといえる。

西武:超攻撃型打線で他球団を圧倒

さて、ここからポジション別OPSとスタメン割合(そのポジションで最も多く出場した選手の出場割合)から各球団の特徴を探っていく。 西武は、捕手・一塁手・三塁手・中堅手のOPSがリーグトップであり、リーグ平均を大きく上回っている。首位打者の森、本塁打王の山川、打点王の中村、そしてシーズン最多安打記録を持つ秋山と圧倒的な打力を見せつけ、見事リーグ2連覇に輝いた(表)。

OPSの平均が最も低い捕手をはじめ、多くのポジションでトップのOPSを記録した超攻撃型打線であった。 一方、弱点は外野手と指名打者である。全試合スタメンであった秋山のMLBへの移籍により外野手の打力はリーグ最低レベルに落ち込む。主力の移籍後ことごとく台頭する若手が今シーズンは外野手に現れるか注目したい(表)。

ソフトバンク:甲斐が打てる捕手として成長

ソフトバンクは、左翼手・指名打者のOPSがリーグトップであった。グラシアル、デスパイネといった外国人打者の得点への貢献度の高さを示している。 捕手のOPSもリーグ2位と高く、守備の要である甲斐が「打てる捕手」へと成長してきているのかもしれない(表)。 さらに、ヤクルトから圧倒的な打力を持つバレンティンが移籍した。怪我で38試合出場に留まった柳田の復活も重なれば今シーズン以上の破壊力は間違いないだろう。

【関連記事】