Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤリス・フィット登場で出揃った! コンパクトカー「HVモデル」5台の買いをマルとバツで明らかに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

1)トヨタ・アクア

 燃費は20~25km/Lの間と十分いいが、コンパクトカーのハイブリッドのなかではとくにいいわけでもないなど、登場から9年目となっているのもあり仕方ない面もあるが、大きなマルは浮かばない。強いて挙げれば普通に乗っていれば軽快さを感じるハンドリングくらいだ。デメリットとしては前後シートとも乗降性が悪く、後席も狭い。またインテリアや乗り心地といった静的、動的な質感も低い。 【写真】ハイブリッドなのに燃費が良くない国産車6台!

2)トヨタ・ヤリス

 ボディ剛性の高さを土台に、ハンドリングなど動的な質感が非常に高く、電動車らしいパワフルな動力性能と25km/L以上は確実な燃費というハイブリッドの完成度も素晴らしい。また自動ブレーキ&運転支援システムの性能も高く、総合的な質という観点でハイブリッドのコンパクトカーを選ぶなら最有力候補だ。  デメリットはアクアと同様に前後シートとも乗降性が悪く、後席も狭いことが挙げられる。また先行者追従型のアダプティブクルーズコントロールが停止まで対応しないのは「パーキングブレーキが電動タイプでないクルマは停止まで対応しない」というトヨタの方針なので仕方ないが、同様のノートは停止まで対応するのを見ると見劣りするのは事実だ。

3)日産ノートe-POWER

 e-POWERはエンジンを発電専用に使い、駆動はモーターのみというシリーズハイブリッドのためフィーリングは電気自動車に近く、電気自動車のようにレスポンスよくパワフルに加速する点やワンペダルドライブも面白い。加えていまだに日産の国内販売のエース的存在だけに、安くはないもののオーテックやNISMOなど選択肢が広い点も評価でき、大きなボディを生かしキャビンとラゲッジスペースもハイブリッドのコンパクトカーでは広い部類だ。  デメリットはインテリアや乗り心地といった質感がアクアとそう変わらないレベルで低いこと。またワンペダルドライブはオンにして気を抜いて運転すると減速Gが急激に起き、オフにすると回生制動によるバッテリーへの電気の戻りが減少するため、とくに街乗りだと燃費が悪化するという極端な選択になるのが惜しい。

【関連記事】