Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウィリアム王子が臨時病院の開設式典にリモートで出席、感謝の意を表明

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

英国王室のウィリアム王子は4月16日(現地時間)、国民保健サービス(NHS)がバーミンガムのナショナル・エキシビション・センター内に建設した「NHSナイチンゲール病院」の開設式典に、ビデオ会議システムを利用して出席した。NHSは国内7カ所に臨時病院を建設する予定で、バーミンガムの施設は、そのうち2番目に稼働を開始するものとなる。 【写真】ファンが捉えた、見たことのないロイヤルファミリーの瞬間 また王子はこの式典を前に、建設に携わった人たちとのビデオ会議にも参加していた。 式典でウィリアム王子は、休むことなく緊急対応に当たっている医療従事者たちに向け、次のように感謝の言葉を述べた。「まず、すでに言われてきたことの繰り返しになりますが、新型コロナウイルスのパンデミックに対応するため、イギリス中で素晴らしい働きをしてくださっているNHS関係者の皆さんに、改めて敬意を表します。皆さんの私心のない献身に、イギリス中が深く感動しています」 「いま皆さんがいる建物は、この前例のない挑戦を前に国中の人々が立ち上がっていることを示すもうひとつの例です。ナイチンゲール病院は当然ながら、NHSの歴史に残るものとなるでしょう」 「バーミンガムにつくられたNHSナイチンゲール病院は、国民の団結を示す素晴らしい例です。その建設を支援した皆さんとお話して分かったのは、病院とは建物ではなく、人々だということです」 そして、「NHSの職員の皆さん、軍や自治体の関係者、そして民間部門が協力して立ち上がり、このエキシビションセンターを病院に変えました。私たちの誰もが、皆さんすべてに深く感謝しています。これほど短期間のうちに皆さんが成し遂げたことを、大いに誇りに思ってください」と述べた。 新型コロナウイルスの感染拡大により、王室メンバーは政府の助言に従い自宅待機を続けている。ウィリアム王子夫妻と子どもたちはノーフォーク州サンドリンガムにある私邸のアンマー・ホールに、チャールズ皇太子とカミラ夫人はスコットランドの私邸バークホールに滞在。エリザベス女王と夫のフィリップ殿下は、ロンドン郊外のウィンザー城で過ごしている。

From Harper’s BAZAAR

【関連記事】