Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カシメロは井上尚弥と戦いたい 来日にも意欲「どこでもいい。彼の家でも俺は戦う」

配信

THE ANSWER

次戦の相手候補には複数の名前が浮上も、あくまで大本命は井上

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期状態となっているWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。すでに米国に先乗りして4か月が経過しているカシメロには、別の対戦相手候補の名前が浮上している。一方でWBO王者は「日本で戦うことになっても問題ない」と敵地に乗り込んでの井上戦実現への意欲も口に。フィリピンメディアが報じている。 【画像】これが「尚弥ゾーン」の瞬間! 「合成写真っぽい」「筋肉ヤバイ!」と大反響…井上が公開した“戦慄KOの左ジャブ”の1枚  当初は4月25日(日本時間26日)に開催予定だった3団体統一戦。しかし新型コロナ禍により延期となり、現状は不透明な状況だ。早期に米ラスベガス入りし、トレーニングを続けているカシメロにはほかの相手候補も浮上しているという。  フィリピン紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」によると、元WBA世界バンタム級スーパー王者のルーシー・ウォーレン(米国)以外に、ジェイソン・マロニー(オーストラリア)、元WBC世界ライトフライ級王者のペドロ・ゲバラ(メキシコ)も次戦の候補と見られている。  試合日程について、まだ正式なアナウンスはされていない。そうした状況もあって、カシメロには次々と相手候補が現れている格好だが、あくまで本命は井上戦だということも強調している。

戦えるのなら場所は選ばない「今の俺に神頼みは必要ない」

「そしてカシメロはどこであっても、イノウエと対決する準備が出来ている。もしイノウエ陣営が日本での開催を望んだとしても、カシメロはそこで戦う準備が出来ているということだ」。こうつづられた記事では、続けてWBO王者の意気込みも伝えている。 「もし俺が日本で戦うということになっても問題はない。どこでも、彼の家だとしても俺は戦う。俺は練習している限り、誰が相手でも関係ない。今の俺に神頼みは必要ない」  たとえ完全アウェーの敵地開催になったとしても、乗り込んで井上と戦う――。そんな強い意志を示している。

THE ANSWER編集部

【関連記事】