Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新作『神奈月紫子』は集大成? 画業40年の赤石路代先生が描く、強い意志の人物たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マグミクス

オシャレな世界観と、名セリフの数々

 数々の少女マンガヒット作を送り出してきた赤石路代先生が、この2020年で画業40周年を迎えました。それと同時に小学館「月刊flowers」9月号より、新連載『神奈月紫子の優雅な暇潰し』がスタートしています。少女マンガに詳しい芸人の別冊なかむらりょうこさんに、赤路先生のヒット作を振り返りつつ、新作の見どころを解説してもらいました。 【画像】記憶に残る「強い意志」のキャラクターたち。赤石路代先生の代表作(5枚) * * *  赤石路代先生は、1959年生まれの現在60歳。武蔵野美術大学の学生だった1980年に、「別冊少女コミック」1月増刊号掲載の『マシュマロティーは一人で』でデビューしました。  赤石先生の作品のジャンルは多岐にわたります。スポーツものから、タイムスリップもの、超常能力もの、演劇もの、大正文化もの……。どれもに共通しているのは、オシャレな世界観と、こうも言い切ってくれるか! というセリフの数々。そして、強い意志を持った目が印象的な、逆境に立ち向かう主人公たちです。 ●大ヒット作品『P.A. プライベートアクトレス』  こちらは1991年~1999年まで小学館「プチコミック」にて連載され、1998年には榎本加奈子さん主演でドラマ化もされました。    お嬢さま学校に通う、儚げな美少女・小早川志緒16歳。しかし、彼女にはいくつもの顔がある。ある時は、生き別れになった娘、ある時は霊能者、ある時は殺人が乱立する中学校の転校生……彼女は、依頼人のために希の役を演じてみせる、日常に潜む女優「プライベートアクトレス」。天才的な演技力を持つ彼女だが、表向きな女優にはなれない理由が……。  1話完結でさまざまな依頼人の事情を解決していく天才美少女に、釘付けになる作品です。その類まれな演技力とはうって変わり、誰にも裏表のない態度で接する彼女も魅力のひとつ。誰にも言えない依頼人たちの裏側を見てきた彼女が「人間が好き」と言うシーンには、芝居と生き方の根底をのぞける気がします。 ●第39回小学館漫画賞受賞『ワン・モア・ジャンプ』  1992年~1996年、小学館「ちゃお」にて連載されていた作品です。主人公・七瀬帝は連載開始当時12歳。趣味程度にやっていたフィギュアスケートですが、父の死を機に、双子の兄・皇とペアを組んでデビューします。双子ならではの息の合った演技後、皇が事故で亡くなってしまう。相次いだ父と兄の死に、母は気を病んでしまいますが、帝の前には、父がロシア人の愛人との間に生まれたトーマが現れ、帝に言います。 「君は皇に合わせていた。本来の君は皇より高いジャンプが飛べる」  ふたりはオリンピック出場という目標に向かって歩み始める……。  小学生のときに初めてこの作品を読んだ時、帝の置かれている不遇な状況と、それでも前を向き続ける帝の明るさに衝撃を受けました。ときに人は、愛する人とともにいるために、自分の力を少なく見積もるものです。帝の力を引き出すトーマの存在は、見るものにパワーを与えてくれます。

【関連記事】