Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

主婦のお小遣いを1万円にしたら、自然と節約ができた体験談とやり方

配信

マネーの達人

教育費やいざという時の備えなど、家計を預かる主婦は自分のことが後回しになりがちです。 子どもが小さくて節約がうまくできなかった頃、筆者はあえて自分のお小遣いを「毎月1万円」に決めてその内訳を変えていくことで家計全体の節約に成功しました。 忙しくて節約がうまくいかない時は自分のことから始めてみてはいかがでしょうか。 ここでは筆者がお小遣いを1万円に設定したら自然と節約ができた体験談と詳しいやり方について、ご紹介します。

1. 自分1人にかかる費用の洗い出し

主婦の皆さんは自分1人にいくらの費用が必要か、把握しているでしょうか。 筆者はよくわかっていませんでした。 たとえばファンデーションを購入するのは数か月に1度ですし、必需品の使い捨てコンタクトも3か月ごとに購入、とひと月にかかる金額がバラバラだからです。 そこでとりあえず、自分だけに必要な出費の項目と頻度だけざっくり書き出してみました。 1. 携帯電話使用料:毎月 2. 美容院:3か月に1回程度   3. 使い捨てコンタクトレンズ:3か月ごと 4. メイク用品:毎月 5. 基礎化粧品代:毎月 6. 被服費:年間数万円? 把握しておらず 7. 交際費:金額不明 こうしてみると、けっこう自分1人に出費があることに気が付きます。 必要だと思ってつい余分に買ってしまう靴・バッグ・洋服代は当時総額が把握できていませんでした。 子どもが小さいと、つい買い物がネット通販中心になり買い物が気楽すぎたように思います。

2. お小遣いと必要経費を分ける

子どもが幼児だった当時、節約は自分の我慢にかかっているように錯覚していました。 自分ひとりにかかる必要経費と、おこづかいがごっちゃになっていたからです。 「これも必要」だと思えば必要経費になりますし、時には「これは買ったら無駄遣いかな」という買い物への罪悪感も生まれます。 雑誌や主婦仲間から節約方法を学んでいくうちに、自分のお小遣いを決めてしまうという方法を知りました。 それがきっかけで、自分がいかに必要経費を把握していないかわかりました。 しかしどこまでが必要経費かわからないので、とりあえず毎月お小遣いを1万円に決めてそこに入れてみることにしました。

【関連記事】