Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日焼けは肌の炎症! 男子も必携の厳選日焼け止めで未来の自分の肌を守れ!

配信

MEN’S NON-NO WEB

外にいるときだけでなく、実は部屋の中にいても窓から降り注ぐ紫外線で日焼けをしている! 今からケアを始めておけば将来の肌にもつながるため、 早くて損はナシ。肌が焼けてしまうメカニズム、焼けてしまった際の注意点などとともに、優秀な予防・対策アイテムをレコメンドする! 【高瀬聡子先生(ウォブクリニック中目黒 総院長)】 皮膚科医として自身のクリニックでの診察・施術をする傍ら、化粧品の開発なども行う。丁寧かつわかりやすい解説に、業界内にもファンが多く、数々の雑誌やテレビに引っ張りだこ。

日焼けは肌の炎症。老化の原因にも!

「老化要因の8割を占めるといわれている紫外線。紫外線には肌の真皮層までダメージを及ぼし、シワやたるみの原因になるUVA、表皮に炎症を起こすUVBがあり、それぞれが肌に悪影響を。さらには紫外線を浴びすぎると細胞にまで傷がつき、ガンを引き起こす可能性も。徹底的な対策が必要なのです」(高瀬先生、以下同)

まずは予防を。日焼け止めを上手に使って!

「紫外線にまったく当たらないようにするのは難しいので、日中外に出るとき、日差しがたくさん降り注ぐ室内にいるときなどは日焼け止めをきちんと塗りましょう。スプレータイプや敏感肌用、スキントーンを調整できるもの、飲むタイプなど、日焼け止めも多様化しているので、使うシーンやライフスタイルに合わせて使い分けるのもいいかもしれませんね」 【SPFって?】 UVBによる皮膚の炎症をどのくらい遅らせることができるか、というもの。数値が大きいほうが防止効果は高い。日常生活では10~20、外でのレジャーなどは30~50を目安に使うのがベター。 【PAって?】 UVAの防止効果を意味しているもの。PA+からPA++++まであり、+が増えるほど、高い効果を期待できる。窓越しでも降り注いでくる紫外線、PAの値にも注意して日焼け止めを選んで。

予防のための厳選日焼け止めカタログ

塗り直しに便利なタイプ、肌にやさしいタイプ、体の内側からケアできるタイプと多種多様。キミに合ったひとつに出会える、人気のアイテムをピックアップ!

【関連記事】