Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

下落リスク再燃中…「為替の暴れ馬」英ポンド、対円の底値は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

英ポンドの値動きの激しさは、良くも悪くも「暴れ馬」

下落リスク再燃中…「為替の暴れ馬」英ポンド、対円の底値は?

幻冬舎ゴールドオンライン

ここ数年、米ドル/円が10円程度の値幅での推移にとどまるなか、英ポンドは「Brexit(英国のEU離脱)ショック」により、最大下落率は4割に達しており、その値動きの激しさから「為替の暴れ馬」と評されています。そんな「暴れ馬」英ポンドは、昨年以降下落リスクも一服となっていたものの、今年9月に入ってから、「(EUの)合意なき離脱」懸念により、下落リスクが再燃しました。マネックス・ユニバーシティFX学長の吉田恒氏は、これについて「“合意なき離脱”懸念にどれだけの真実味があるかがカギ」と述べています。過去のデータから、英ポンド/円の底値や今後の動向について読み解いていきましょう。*当連載では、吉田恒氏が「様々な外貨の底値」について考えます。

本文:2,184文字

写真:5
  • 「暴れ馬」英ポンドのきっかけとなった「Brexit(英国のEU離脱)ショック」(画像はイメージです/PIXTA)
  • [図表1]英ポンド/円の月足BIDチャート(2015年~) 出所:マネックストレーダーFX
  • [図表2]英ポンド/円と日英10年債利回り差 (2016年1月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
  • [図表3]CFTC統計の投機筋の英ポンド・ポジション(2010年~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込165
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

吉田 恒