Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウスターソースが4位!「目玉焼きにかける調味料ランキング」TOP3は…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
kufura

「目玉焼きにかけるのは、醤油かソースか?」もしかしたら、こんな論争を一度は経験したことがあるかもしれません。しかし実際には、その2択以外を選ぶ人も多いよう。 そこで今回『kufura』では、あらためて20~50代の男女を対象に「目玉焼きに主に何をかけて食べているか」を調査しました。ランキング形式で紹介しますので、ご自身の食べ方と照らし合わせて見てみてください!

1位:醤油(245票)

「卵かけご飯みたいな感覚で食べられて美味しい」(32歳女性/主婦) 「納豆とも合わせるから」(54歳女性/主婦) 「全て試してやはり醤油がけが一番白ごはんに合うから」(58歳男性/総務・人事・事務) 「ソースより醤油のほうがお皿を洗う時楽だから」(43歳男性/公務員) 「一番合う調味料だと思い、ほかの選択肢は考えられないから」(57歳女性/主婦) 「小さい頃からうちの家は全員醤油をかけて食べていたから何の疑いもなく醤油をかけるものだと思って食べていました」(39歳男性/その他) 1位は醤油で、ほぼ2人に1人が醤油をかけているという結果になりました。 ごはんの上に乗せると卵かけご飯のような味わいといった意見から、納豆のようなほかの食材と合わせたときに醤油がベスト、といった意見までさまざまでしたが、そのなかでもダントツに多かった意見が“子どもの頃からの習慣”というもの。自分の中で、それがオーソドックスという考えから、醤油を選んでいる人が多いようです。 しかし一部の人は、大人になってから醤油に変えたようです。 「小さい頃から家族は醤油またはウスターソースをかけていたが自分は醤油の方が目玉焼きに合っていると思った」(51歳女性/学生・フリーター) 「子どものころはソースをかけていたが、大人になって醤油にかえておいしかった」(53歳男性/その他) 自分の好みを理解して、自ら味付けを変化させています。当たり前だと思っていた状態から変化を加えるのは難しそうですが、目玉焼きの味付けに関わらず、ちょっと視点を変えて挑戦してみたら新しい発見ができたなんてこともありそうですね。

【関連記事】

最終更新:
kufura