Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

水川あさみ×中条あやみの親密トークから学ぶ、“年の差”の友情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

「素敵なお姉さん」をフィーチャーする今月は、友達や恋人、家族とも違う、年上の“メンター”について考えてみよう。年の差があってこそ、素直に耳を傾けたり、刺激を受けながらも安心できる特別な仲って、実は同年代の女友だちでは叶わないことだったりも。ドラマ共演をきっかけに絆を深めた水川あさみ&中条あやみも、悩みや喜びを分かち合う関係。ふたりの親密なトークを通し、改めてメンターをもつことの大切さが目えてくる。

SNSで見かけるやりとりや、最近公開されたCMでもとっても和やかな雰囲気のおふたり。出会いは2019年のドラマ「白衣の戦士」だそうですが、お互いの第一印象は? 中(中条あやみ以下、中): 水川さんとダブル主演をさせていただくと聞いて、とにかく足を引っ張らないようにしなきゃってソワソワした記憶があります。いつもは気合いで乗り切るタイプなんですが、神社まで行って、この時ばかりは神頼みしたくらい(笑)。 水(水川あさみ、以下水):はじめて会ったのは衣装合わせだったのかな? ナース服を着てバランスを見る日だったのですが、まあー、第一印象はキラッキラでしたよ! “第一印象は”な(笑)! スタイルが抜群で顔も信じられないくらい小さくて、なんかこの世では見ないような子が来た!って印象でした(笑)…“最初は”な。 中:えー、ありがとうございます。水川さんはクールな役柄のイメージが先行していたのと、キャリアも長いので、ひょっとしてめちゃくちゃ怒られるんじゃないかって、内心では身構えていました。でも会ったら、なんか本当にバリバリ関西弁の……(笑)。 水:「おばちゃん」っていいたいん(笑)!? 中:いやいや、お姉さんって感じでした!(笑) お互い大阪出身だし、12歳年が離れた姉と(水川さんは)は歳が近いので、最初から「あ、お姉ちゃん!」って感じでしたね。 水:でも最初は、あんた人見知りしてたな(笑)。 中:うん。でも水川さんは会った瞬間からフランクに話しかけてくださって、安心しました。 水:私はわりと誰にでもフランクに話しかけますけど、相手のそれぞれの距離感が違ったりするから。 中:あ、そういう距離感って意識してるんですか? していないかと思ってた(笑)! 水:誰でもグイグイいくの、ヤバい奴やん(笑)! でも彼女はグイっといっても大丈夫やったし、現場では若いってことで、遠慮もしているんだろうなっていうのも感じたから……それも“最初は”ね!

【関連記事】