Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ちこ」は間違い!「知己」の正しい読み方と意味、知ってますか?

配信

CanCam.jp

「ちこ」は間違い!「知己」の正しい読み方と意味、知ってますか?

ちょくちょく見かける言葉でも、「じつは読み方を知らない」…ということ、結構ありませんか? たとえば、街で見かける「定礎」や「月極」。ビジネスメールによく書かれている「何卒」や、公園の名前に付いている「恩賜」など。そんな「読めそうで意外と読めない日本語」をご紹介するクイズコーナー。本日読んでいただくのは、コチラ! 知らないと恥ずかしすぎ!若者の約4割が間違えた「月極」読める?意味わかる? 「知己」。 この日本語、なんと読むか分かりますか? ちなみに自己は「じこ」と読みますが、「知己」の読み方は「ちこ」ではありません。 ニュースやエッセイなど幅広いジャンルの文章に登場する日本語ですが…、シンプルな漢字ですぐ読めそうなのに、意外と読みづらいですよね。 ちなみに小学館『デジタル大辞泉』によると、「知己」の意味は次のとおりです。 “(1)自分のことをよく理解してくれている人。親友。 (2)知り合い。知人。” 文章などに使われる際は、「この世に二人とない知己を得る(=親友を得る)」とか、「知己(=知り合い)を頼って上京する」といったイメージです。 さて、そんな「知己」の読み方ですが、さっそく正解を見てみましょう。正解は…コチラ! 「知己」の読み方、正解は「ちき」でした。 仕事などのあらたまったシーンで使われることもある日本語なので、この機会にぜひ覚えてみてくださいね♪

【関連記事】