Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「コロナ禍で見直すキャリア」ブレない軸を持つために知っておきたいこと。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

2020年の年明け、お花見ができない春やマスクをした夏を迎えるとは誰が想像したことでしょう。コロナ禍によって私たちの生活は多くの変化を余儀なくされました。 働き方においても同様です。在宅勤務へのシフトや自宅待機、場合によっては雇止めや解雇などの厳しい状況に直面し、自身のキャリアについて考え直さざるを得ない、という方も少なくはなかったでしょう。

そもそも「キャリア」って?

「キャリア」という言葉の響きに、どんなイメージを持っていますか?  職務経歴や経験・実績など、「仕事」に関することを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、本来「キャリア」とは、仕事にとどまらず、その人の人生そのものを扱うことを意味しています。 私たちが何を大切にしてどんな人生を送りたいのか、また何を体験して何を実現したいのかということは人生全体に関わってくることだからです。 そこでキャリアを考える際には、次の3つの切り口で捉えていきます。  1. 職業人として:組織の一員として、どのような経験を積み上げ、役割を果たし、仕事をしていくのか  2. 社会人として:一社会人として、社会に対しどのような役割、貢献を果たしていくのか  3. 一個人として:子供として、親として…パーソナルな存在として何をし、どんな役割を果たしていくのか 「キャリア=仕事」というイメージが強いのは、人生においてその多くの時間を「仕事」に費やしている方が多いからといえるでしょう。 コロナ禍が終息したとしても、働き方やビジネスのあり方が、「コロナ以前」の状態に戻るとは考え難いです。そんな今こそ、キャリアについて改めて考えてみる絶好の機会と考えられます。

先行き不透明な今こそ、立ち止まるチャンス

先々の予測ができない中にいると、知らないうちに焦ったり不安になったりということが起こりがちです。そんな時こそ、どんな状況が起こっても揺るがない自分自身の軸を作り上げることが大切であるといえるでしょう。 キャリアにおいても同じことがいえます。ただ変化の波に翻弄されるのではなく、自分が何を大切にしていくのかという軸づくりは欠かせません。 軸が明確であれば、「迷う」ではなく「選ぶ」ことができます。また、今現在、自分の思うようにいかなかったとしても、「自分が戻るべき立ち位置」を理解できているわけです。これらはキャリアを積み上げていくには欠かせない要素です。

【関連記事】

最終更新:
LIMO