Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【特集】「オンライン授業」“第2波“にむけ備えは?現場は悲鳴「時間がない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売テレビ

構想について桐蔭学園の溝上理事長は「現場視点では十分な形とは言えないが、構想をきっかけとして、追求を止めてはならない。新型コロナの“第2波“や大災害時の休校への備えとしてオンライン授業は必要だ」と強調する。

「先進的」な現場でさえも…

学校が再開した6月、北淡小にも子供たちの姿が戻った。感染を防ぐため、スクールバスの定員を削減する代わりに、台数はほぼ倍増。登校直後は子どもの体温チェック、下校後は職員が総出で消毒作業と、教師たちにとっては大忙しの再開となった。日々の仕事量が増える中、吉岡教諭はオンライン授業の取り組みが進まない現状を嘆く。「対面授業の準備や新しい学校生活様式の指導、感染阻止策の対応に追われていて、オンライン授業の研究が深められない。時間がない」 読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」

【関連記事】