Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【アイオライトOP】タイガーアチーヴ4馬身差V、1年ぶり復帰のカツゲキキトキトは最下位9着

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
netkeiba.com

 18日、名古屋競馬場で行われたアイオライトオープン(3歳上・OP・ダ1800m・1着賞金180万円)は、先手を取った今井貴大騎手騎乗の2番人気タイガーアチーヴ(牡4、愛知・原口次夫厩舎)が第4コーナーから楽な手応えで後続を突き放し、最後は4番人気ウインハイラント(牡6、愛知・坂口義幸厩舎)に4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分58秒8(良)。 【写真】タイガーアチーヴこれまでの軌跡  ハナ差の3着には5番人気ミラクルシップ(牡6、愛知・川西毅厩舎)が入った。3番人気デルマヴァンドーム(牝4、愛知・塚田隆男厩舎)は4馬身差の4着。  このレースで約1年ぶりの復帰を果たした重賞19勝の1番人気カツゲキキトキト(牡7、愛知・錦見勇夫厩舎)は馬体重+19kg、他馬よりも最低でも4kg以上重い58kgの斤量を背負って出走。第3コーナー辺りから後退し、最下位の9着となった。  勝ったタイガーアチーヴは父クロフネ、母ハイノリッジ、その父マンハッタンカフェという血統。今井貴大騎手とのコンビで4連勝を果たし、通算成績はこれで17戦7勝。

【関連記事】