Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミシェル・オバマ:夫に搾取された妻たちが人生を取り戻すまで【グッドワイフのバッドライフ】

配信

ELLE ONLINE

クララ・シューマン、カミーユ・クローデル、ゼルダ・フィッツジェラルド……。“偉大な”男性の妻や恋人たちが、「良妻」「賢母」「ミューズ」といった肩書で才能を搾取され、本来花開くはずだった成功の芽すらも摘まれた例を挙げればきりがない。そんな歴史を見ると、男性にとって“有用”でない限り、能ある女性の家庭生活には暗雲しか立ち込めていなようにも思える。でも、そんなことはない。奪われても奪われても自らの道を求め、自分の人生を取り戻した女性もたくさんいる! 彼女たちの半生を通して、一旦は陰になった人生に光を取り戻す術を見出す連載の第1回目はアメリカ史上初黒人大統領の妻となってしまったミシェル・ラヴォーン・ロビンソン・オバマ。

ミシェル・ロビンソンを「母性」とか「妻」といった言葉で括るのは愚の骨頂。というのも彼女はそもそも夫以上に才能ある弁護士であり(社会が成熟していれば彼女の方が大統領にふさわしかったのではと思えるほど)、独立したひとりの才ある人間だったのだから。彼女は将来への道筋を、夫の夢や家族のため、自分に掛かった制約内で出来うる最上の結果を見出す方向に転換せざるを得なかった“だけ”。 ミシェルはホワイトハウスを去ったあとこう笑いながら訴えた。 「結婚して子供を持ったら、人生プランは立てる度に全部崩れてしまうの。とくに夫がすべてを飲み込んでしまうキャリアの持ち主だった場合はね」 (画像)『マイ・ライフ』出版記念ツアーの一コマ

ミシェルが焦燥感を抱くほど能力に自信をもち、それゆえに悩んだことは著書でも嫌と言うほど描かれているし、それ以上に原題『Becoming』(邦訳がなぜか『マイ・ストーリー』となっているため伝わりづらい)によく表れている。 政治家の妻になるまでに彼女は「あなたは高望みよ」とアンダーエスティメイトした進路指導担当者をプリンストン大合格で見返すと、その後ハーバードに進み、創設は19世紀に遡る巨大法律事務所に就職。文句のつけどころのない道を歩んでいた。

【関連記事】