Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

永井秀樹が明かす、コロナ危機に オンラインで伝えたヴェルディの戦術

配信

webスポルティーバ

永井秀樹 ヴェルディ再建への道トップチーム監督編(14)(13)はこちら>>  新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の全国的な解除を受けて、Jリーグは、2月末から延期していたリーグ戦の再開日(J1は7月4日。J2とJ3は6月27日)を発表した。 東京ヴェルディでJ2得点王となったフッキ  自粛期間中、東京ヴェルディは再開に備え、特に戦術理解を深めるためのオンラインミーティングに注力してきた。  監督として2シーズン目を迎えた永井秀樹が、「複数回、長い時間を選手達はオンラインミーティングに集中して取り組んでくれた。テーマは頭の中での戦術理解と共有だった」という、その内容と、再スタートを切る2020シーズンについて聞いた。 「(オンラインミーティングは)大きく分けるとMB(攻撃)とRB(守備)について、毎回詳細にテーマを決めて、過去の試合や参考になりそうな海外クラブの試合映像やCG加工した動画等を交えて実施した。  例えば、『MBの最後の崩しについて』や『サイドからの崩しの型について』といった感じに。我々が目指すサッカー、『ボールを保持してゲームを支配するための方法論』についてさらに深く落とし込んできた。 『RBはどこでボールを奪うのか』『どの位置からプレッシャーをかけるのか』など、映像を見せつつ解説する。週2回、1回あたり2時間ほどで、パソコンの画面に、全選手とコーチ、スタッフまで含めると40人前後が映っていて、みんなの顔を見て、反応を確認しつつ伝えることができたのはよかったと思う。

欲を言えば、もっと細かく、『このシーンで、どういうことを考えて、どう動いて......』ということまで、議論できる時間が持てたらなおよかったかなと。さすがにそこまでやると5、6時間かかってしまうので、基本は、自分が思い描くイメージを伝える時間が多かった」  永井がそう語るオンラインミーティングについて、選手はどのように受け止めたのか。
ユース時代からの教え子で、昨シーズンは飛び級でトップチームデビュー、永井体制後はスタメンで出場するようになった山本理仁(りひと)は、こう話す。 「オンラインだからといって、不便に感じたりはしませんでした。映像もしっかりと流れますし。頻度も多く、一回あたりの時間も長かったので、じっくりと戦術を突き詰めることができたように思います」  また、「全員攻撃」「全員守備」を標榜する永井サッカーにおいて、中盤全般、さまざまなポジションを任されるキーマン、佐藤優平は、「ミーティングの内容や資料映像を見返すことができるので、そういう意味では普段のミーティングよりも、より深く考えたり、理解する時間が持てたように思います。新加入の選手にとってはもちろんですが、昨シーズンから永井監督のサッカーに取り組む選手にとっても、復習や、今年やりたい応用の部分をじっくりと学ぶことができたので、よかったと思います」と話した。  永井にとっては、限られた時間と条件の中で伝えなければならず、普段以上に資料作りなどに時間をかけて徹夜になることもあった。苦労した分、選手にとっては、グラウンドで実戦形式のハードな練習ができないなか、より深く突き詰めて自分たちのサッカーについて考える貴重な時間を持つことができたようだ。

【関連記事】