Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「このシーン、あなたならどう伝える?」 奥が深いスポーツ実況の世界(卓球・山﨑雄樹アナ 後編)

配信

Rallys

山﨑雄樹さん(45)は、熊本の放送局から独立し、現在はフリーアナウンサーとしてTリーグの実況などを担当する。 【写真】山﨑雄樹アナウンサー(左)と安藤みなみ選手 趣味で続ける卓球でも年代別の全国大会に出るほどの腕前だ。 インタビュー後編では山﨑氏の卓球との出会いからアナウンサーならではの思い出、実況のこだわりポイントまでを紐解く。

一流クラブでの卓球生活から40代でのプレー再開

ーー卓球との出会いは? 山﨑:小学校5年生のときに三重の西飯卓球センターで卓球をはじめました。父親が卓球やってたのがきっかけでしたね。父に「なんで通わせようとしたの?」って聞いたら「世界選手権に出た夫婦がやっている卓球場と書いてあるチラシが入ってた。どうせやるなら、その他大勢にならないスポーツで、しかも一流になれる環境」という理由で通うようになったんですよね。 ーー西飯(にしい)さんと言えば日本を代表する卓球一家ですよね? 山﨑:親子で日本代表ですよ。徳康さんと幸子さんも、その娘の美幸・由香姉妹も世界選手権で活躍されていました。僕は妹の由香さんと同級生でその旦那さんの真田浩二さん(現・愛工大名電中監督)ともチームメイトでした。 由香さんは僕と同じペンホルダーの表ソフト。今もそうですけど昔からスラッと手足が長くてキレイな卓球をしていて指導者からは「まず由香の後ろで見てなさい」って言われてお手本にさせて貰ってましたね(笑) ーー超一流選手たちと同じクラブとは最高の環境でのスタートですね。 山﨑:卓球のプレーはもちろんですが、今でもこのご縁が仕事でも活きています。Tリーグの放送や配信の現場でも実況と解説という立場で美幸さんと真田監督とも一緒に仕事をさせていただきました。 ーー40代でプレーを再開されていますね?きっかけは? 山﨑:最初にTVの企画で安藤みなみ選手(熊本県の東京オリンピック育成指定選手。現・十六銀行)に挑戦して『2、3本は取れるかな~』って言ってたらラブゲームされてしまって。 バックハンドの打点が早いし、粒高っぽい表だからボールがとにかく落ちる。バックにロングサーブ出してそれをしばいたればいいわって思っていたら、返球が低くて速くて全然狙えない。 そこからですね。安藤選手たちが練習していた道場に週に1回くらい行き始めて、気づいたら週2、週3になり、試合に出始めた。段々熱を帯びていったって感じです。全日本マスターズに出られたのも良い思い出。本当に人の縁とタイミングに恵まれてばかりです。

【関連記事】

最終更新:
Rallys