Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

EXILEの結成秘話からLDH流ビジネス論まで 「Love, Dream, Happiness」を深く知るための名著4選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 EXILEらが所属するLDH JAPANは現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、エンタテインメント企業として様々な取り組みを行なっている。残念ながら4月末までのライブ全公演の中止・延期が発表され、それに伴って6年に1度の祭典「LDH PERFECT YEAR 2020」は来年3月まで延長することになったが、各アーティストのライブ動画や、映画『HiGH&LOW』『CINEMA FIGHTERS』シリーズの全6作品、総合エンタテインメントスクール・EXPG STUDIOのオンラインダンスレッスンサービス「EXPG ONLINE STUDIO」を期間限定で無料配信するなど、自宅でも楽しめるエンタテインメントを数多く提供している。 LDH JAPAN『LDH our promise』(小学館)  リアルサウンド ブックでは、自宅で楽しめるもう一つのLDHのエンタテインメントとして、これまで刊行されてきたLDH関連の書籍をいくつか紹介していきたい。書籍を読むと、LDHがどのように発展し、どんなメッセージを伝えようとしているのかが、より深く理解できるはずだ。 ■EXILE HIRO『Bボーイサラリーマン』  LDHファンとしてまず抑えておきたいのは、EXILE HIROの自伝的エッセイ『Bボーイサラリーマン』(幻冬舎)だろう。2005年に上梓された本書は、1998年にHIROが、当時はBABY NAILというダンスグループで活動していたMATSU(松本利夫)、USA、MAKIDAIを自身のグループにスカウトするところから幕を開ける。一度はZOOで一世を風靡したものの、どうしようもない遊び人でクラブを遊び歩いていたHIROが一念発起し、アンダーグラウンドなシーンでカリスマ的な人気を誇っていたBABY NAILとともにJ Soul Brothersを結成。その後、ATSUSHI、SHUNをボーカルに迎えてEXILEとなり、日本の音楽シーンで快進撃を続け、とうとう武道館のステージに立つまでを綴った一冊だ。  現在、LDH JAPANのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるHIROのリーダー然とした佇まいからすると、気取らない文体で明かされるその過去には意外に思える部分もあるだろう。特に、その遊び人ぶりは凄まじく、あまりの無軌道さに笑ってしまうこともしばしばだ。しかし、根底にある「Love, Dream, Happiness」の信念は、間違いなくこの時代に見出されたものである。周りのことを考えず、わがまま放題だったHIROが、裏方で働くスタッフや気にかけてくれる先輩たち、一緒に夢を見る仲間たちの大切さに気付き、30代半ばにして再び武道館へと辿り着くまでの道筋には、泥臭くも熱い男たちのドラマがある。1990年代から2000年代にかけてのクラブカルチャーとメジャーシーンの狭間に、HIROたちが見出したその哲学は、現在のLDHにも脈々と受け継がれている。綺麗ごとではない、リアルな「Love, Dream, Happiness」を知るために最適な一冊と言えるだろう。 ■EXILE AKIRA『THE FOOL 愚者の魂』  2006年、“EXILE第二章”からメンバーとなったEXILE AKIRAの『THE FOOL 愚者の魂』(毎日新聞出版)は、HIROの意思が次世代のメンバーにどのように受け継がれていったのかを知る上で、ぜひチェックしておきたい一冊だ。幼い頃は漫画家に憧れていた少年がスポーツに目覚め、高校卒業後にはダンサーを目指すのだが、そこから先は波乱万丈。そもそも「AKIRA」という名前はクラブでなんとなく付けられたあだ名だった(本名は黒澤良平)というエピソードも強烈だが、EXILEメンバーとの出会いもほとんど偶然で、つくづく人生の転機はどこにあるかわからないと思わされるストーリーである。  だが、その偶然の出会いを運命と呼べるものに変えてしまうのが、EXILEというグループの面白さだ。オープンしたばかりのEXPG STUDIOにてインストラクターとなったAKIRAは、HIROたちに時に優しく、時に厳しくエンタテイナーとしての姿勢を教わることで、人間として大きく成長していく。そしてついに、AKIRAはEXILEのメンバーとして認められるのだ。  2018年、AKIRAが所属するEXILE THE SECONDの全国ツアー『EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6”』のファイナル公演で、長らく活動休止していたEXILEが復活した時、ATSUSHIは「この期間、三代目、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICSなど、EXILE TRIBEのみんながEXILEへの思いをつないでくれていたと実感しています。そして何より、いちばんEXILEへの思いをつないでくれたのは、全員がEXILEメンバーであるSECONDだったと思います。どうかみなさん、SECONDのメンバーに拍手を送ってあげてください」と語り、その言葉にAKIRAは目に涙を浮かべていた。本書を読むと、AKIRAのEXILEに対する思いの強さがひしひしと伝わってきて、一つひとつのライブがまた感慨深く思えるのだ。 ■LDH JAPAN『LDH our promise』  LDHの考え方をより深く知りたい方には、『LDH our promise』(小学館)がおすすめだ。同書は、LDHの社員と所属アーティストに配られる本を一般向けに再編集したもので、「夢を全力で追いかける仲間たちが交わした“約束”であり、社会に対して『僕たちはこう生きる』と宣言する“約束”」が綴られている。  EXILEがどんな想いを抱いて活動してきたのか、これから何をしていくのかというビジョンに始まり、LDH所属アーティストに求められる姿勢や、スタッフとしての心がけ、そしてLDHが運営する総合エンタテインメントスクール・EXPG STUDIOの生徒たちに向けて、どんな人間に成長してもらいたいのかまでが丁寧に記された本書は、まさにLDHの教典と呼べる一冊である。 アーティストだから、芸能人だから、という意識は一切持たないでください。 アーティストといっても一つの職業にすぎず、僕らは社会の一員であり 人として決して周りの人より優れているわけではありません。 (中略) あなたがエンタテインメントを通じて伝えたい相手は、 この社会に生きるより多くの人びとのはずです。 つねに周りを思いやる気持ちや謙虚な心がなければ 人に感動を与えられる表現者になることはできません。 アーティストである前に、一人の人間として良識のある人でいてください。 (『LDH our promise』P15より)  LDHのアーティストはなぜいつも謙虚なのか。そしてその背景にはどんな考え方があるのか。本書はアーティストのみならず、すべての社会人にとって学ぶところのある良書であるといえよう。 ■EXILE TETSUYA『三つ編みライフ~夢を叶えた31の言葉~』  LDHの考え方を発展させ、より一般的なビジネス論へと昇華した一冊として注目したいのは、EXILE TETSUYAの『三つ編みライフ~夢を叶えた31の言葉~』(日経BP)だ。アーティスト、ダンス教育/研究、コーヒーショップ「AMAZING COFFEE」のプロデュースという三つの仕事を持つEXILE TETSUYAが、大切にしている31の言葉とともに自らの仕事論を語った同書は、これからの時代の働き方への指南書としても有益である。  本書で提唱される「トリプルミッション」は、確固たる理念のもとに三つのミッションを循環させていくことで、そのビジネスやプロジェクトがうまく行くという考え方で、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科の平田竹男教授が提唱した図式だという。「トリプルミッション」の実践は、働き方が多様化する昨今における新しいロールモデルとなるかもしれない。  また、組織図を頂点のあるピラミッド型で捉えるのではなく、逆台形として捉えることで、多様な夢のあり方を実現しようとする「逆台形モデル」も、魅力的な考え方だ。 「ピラミッド型だと、頂点を目指せるのは一握りになってしまうし、頂点を目指せなかった人はその業界から離れてしまい、結果的に業界全体が縮小していってしまいます。でも、目指すべき山がたくさんあれば、その業界に関わる人が増え、普及にも繋がり、結果的に資金も集まる」(参考:EXILE TETSUYAが語る、“トリプルミッション”という働き方 「三つのミッションを循環させていくことでうまく行く」)  夢を叶えられるのは、一部の限られた人間であるーーそのようなゼロサム思考ではなく、多様な夢のあり方を提示することで、誰もがいきいきと働くことができる社会を目指す。EXILE HIROが掲げた「Love, Dream, Happiness」は、エンタテインメントを通じて社会にどのような貢献ができるのかという理念へと繋がり、その具体的な実践方法や仕組み作りを発信するまでに進化しているのである。  新型コロナウイルスの感染拡大によって、誰もが先行きの見えない日々を送っている昨今だが、こんな時だからこそ「Love, Dream, Happiness」の精神から学ぶことは多そうだ。1日も早く新型コロナウイルス騒動が収まり、彼らが再び我々の前で素晴らしいエンタテインメントを披露してくれることを願いたい。

松田広宣

【関連記事】