Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ファイナルファンタジーらしさ」とは飛空艇でありシドであり大して強くないアルテマである

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 2020年9月17日、「PlayStation 5 Showcase」が開催され、ファイナルファンタジーシリーズ最新作、「ファイナルファンタジーXVI」(以下「FF16」)が発表された。 【ついに公開された「ファイナルファンタジー16」の映像】  近年のシリーズタイトルで見られた近未来的な要素が影を潜めた、中世ファンタジー的な世界観を全面に押し出したティーザームービーはシリーズの原点回帰として歓迎する声が挙がったが、それに対して「FF」シリーズとはそもそもシリーズの原点からして王道のファンタジーではないという声もまたあがっている。 ・こんな『FF』を待っていたーー『FINAL FANTASY 16』は原点回帰の王道中世ファンタジーに(ReaanSound) ・FFに原点などない(note/ジスロマック )  ぶっちゃけて言ってしまえば、上に挙げた2つの記事は両方とも言いたいことは良く分かるし、どこか違うようにも思える。  かつて「FF」と言えば、天野喜孝のイラストを全面に押し出したりとか、「FF1」でやたらと格好のいいオープニング画面が「ゲームをちょっと進めてから」表示されたりとか、そこで流れる植松信夫の音楽とか、ジャンプでいうと「ドラゴンボール」ではなくて「ジョジョの奇妙な冒険」みたいな、王道からちょっと外れたオルタナティブな匂いがビンビンしてくる感じのゲームだった。  そして「FF」シリーズと言えば、続編をリリースするごとにキャラクターや成長システム、バトルシステムを大胆に変更し、面白そうな要素は節操なく取り入れ、ジャンプの後ろの方に載ってたかと思いきやグイグイ人気を上げて気付けば看板タイトルの仲間入りしているようなゲームでもあった。  そんな絶えず変化し続けるシリーズに対して「原点」や「らしさ」を見出だすことは難しい。だが、それでも「FFらしさ」というものは確かに存在するのではないかと私は考えている。

「テクノロジーの発達」を否定しないということ

 「FFらしさ」とは何か?  それは「飛空艇」であり、「シド」というキャラクターであり、そしてめちゃくちゃな苦労と犠牲の果てにゲットしたにもかかわらず対して強くない「FF2」の「アルテマ」である。  「飛空挺」や「アルテマ」というゲーム中で実際に操作することができる乗り物や魔法を通して、「テクノロジーの発達」を言葉による説明や映像による描写ではなく、「体験」させてくれるゲーム、それが「FF」なのである。  既に述べたように、「FF」というシリーズはタイトルごとの共通点を探す方が難しいくらいにあらゆるものが変わる。  そんなシリーズにおいて、ほぼ皆勤賞状態で登場している要素が、空を自由に移動できる乗り物「飛空艇」であり、その開発に携わるキャラクター(シリーズによっては関わらないこともある)「シド」である。  なぜ「FF」シリーズにとって「飛空艇」と「シド」という要素は重要なのか?  それは、「FF」とは最新のテクノロジーを誰よりも巧みにコントロールすることによって初めて生まれる「体験」をゲームという形で表現してきたシリーズであり、それをする上で「飛空挺」と「シド」という要素が欠かせないからだ。  「FF」は「テクノロジーの発達」を否定しない。それが原因で世界が窮地に陥ることがあったとしても、それ以上にテクノロジーを使いこなすことによってそれを制していくのが「FF」である。  だからこそ「飛空艇」は「速い」。「FF1」の時点で速かった「飛空艇」は「FF2」でさらに倍になり、「FF3」でそのさらに倍になる。  なぜ「飛空艇」はシリーズを重ねるごとにより「速く」なるのか?  それは「テクノロジーの発達」をプレイヤーに「体感」してもらうためだ。  そして多くのシリーズに置いて「飛空挺」開発に携わり、それをプレイヤーに託す「シド」こそがファイナルファンタジーにおける開発者の分身ともいえる存在なのである。  「飛空艇」の性能に絶対の自身を持つ「FF2」の「シド」というキャラクターの格好良さとは、他タイトルの追随を許さないほどにファミコンというハードを使いこなす開発者の格好良さでもあるのだ。

【関連記事】