Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三菱電機、IoTプラットフォームを活用したビル運用支援サービス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BCN

 電機は9月9日、クラウド上に蓄積したビル設備データの利活用を可能にする独自のスマートシティ・ビルIoTプラットフォーム「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」を開発し、これを活用した新たなビル運用支援サービスを10月1日から順次発売すると発表した。  Ville-feuilleは、ビル内設備の稼働データやセンシングデータなどを収集・蓄積し、AIやビッグデータ解析などの最先端技術を活用してデータ処理を行うIoTプラットフォーム。運用コストの削減、ビルの価値向上などビルオーナーが抱える課題を解決する様々なサービスを提供する。また、プラットフォームのAPIを開示することで、サービス運営企業などがVille-feuille上に独自のアプリケーションを実装可能となり、ビルオーナー向けに設備データを活用した各種サービスを提供することができる。  Ville-feuilleを活用したビル運用支援サービスの第1弾として、「ロボット移動支援サービス」と「エネルギーマネジメントサービス」を10月1日に発売し、以降も社会課題解決に向けたサービスを順次発売していく。  ロボット移動支援サービスでは、警備、清掃、物品搬送など自走式サービスロボットの位置情報をもとに、エレベーターや入退室管理システムなどのビル内設備を制御し、ロボットの円滑なビル内移動を支援する。複数用途・複数台数のロボットの同時運用も可能とし、ビル管理業務の省力化に貢献する。  エネルギーマネジメントサービスでは、クラウド上に電力使用量などのデータを蓄積することで、タブレットやモバイルパソコンなど用いて遠隔でもデータを確認でき、ビルのエネルギー管理を省力化する。グラフ表示機能を活用して、計画値と実績値の差異や改善点を管理者が抽出するなど、目的に応じたBEMSデータの分析を可能とし、ZEBのエネルギー削減目標達成を支援する。

【関連記事】

最終更新:
BCN