Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ヒットの法則246】メルセデス・ベンツCLクラスはSクラス以上に贅沢なフルサイズクーペだった

配信

Webモーターマガジン

Sクラスをも上回るほどの快適性

メルセデス・ベンツCLクラスはSクラスベースのフラッグシップクーぺ。現在は「Sクラスクーぺ」と呼ばれるが、1996年登場のC140型、1999年のC215型、そして今回紹介する2006年のC216型の3代にわたって、「CLクラス」を名乗っている。5代目SクラスW221型の登場から約1年後に姿を現した、2006年当時の最高峰ラグジュアリークーぺの魅力を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2006年12月号より) 【写真】リアビューやインパネ、エンジンなどを見る(全7枚) 「これ、もしかしてSクラスより良くない?」、乗り込んで走り始め市街地から高速道路へと、10分も経たぬ辺りから端々からじんわりとそういう印象が伝わってきた。 動力性能でも運動性能でもなく、乗り心地がSクラスよりも優れているとすれば、それはちょっとした事件だ。50年余に渡るメルセデスのフルサイズクーペの歴史に比べれば、僕の経験値は全然幼い新型CLの3世代前、C126の560SEC辺りからだが、その範囲内での過去にSクラスを上回る快適性をクーペの側に感じたことはなかった。 短縮されたホイールベースのぶん、若干スポーティに設定されたサスペンションが正直に乗り心地に反映される。意気で選ぶクーペなんだから多少のことは仕方がないと、そういう風に思っていた。 新しいCLクラスの仕立て自体は今までと変わりがない。乱暴に言えばSクラスの短縮版シャシにオリジナルのボディを被せるという、フルサイズクーペの定番的な成り立ちだ。クオーターウインドウも開閉するピラーレスのサイドウインドウ、上側に弧を描くパノラミックなリアウインドウといったグラフィックもアイコンとして継承される。 その一方で、先代のCLが代々のクラシックモデルから引っ張ってきた、オープンカーにハードトップを載せたかのようにみせるA・Cピラーの割線は再び省かれることになった。デザイナー曰く、塊感のあるダイナミックなフォルムを目指しての廃止だというが、独特の優雅なギミックだっただけに少々惜しい気もする。

【関連記事】