Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

辺野古新基地「着実に進める」 岸信夫防衛相、安倍政権の方針を堅持

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
琉球新報

 【東京】岸信夫防衛相は17日未明の就任会見で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画について「唯一の解決策であるとの方針に基づいて、着実に工事を進めることこそが一日も早い返還につながる」と述べ、安倍政権での政府方針を引き続き堅持する考えを示した。  岸氏は安倍晋三前首相の実弟で、16日に発足した菅内閣の防衛相に就任した。菅義偉首相から沖縄の基地負担軽減の実現に取り組むよう指示を受けたと説明し、その上で「普天間飛行場の危険性除去と辺野古移設の考え方、沖縄の基地負担軽減を目に見える形で実現する政府の取り組みを丁寧に説明し、地元の理解を得る努力をしていきたい」と語った。【琉球新報電子版】

琉球新報社

【関連記事】