Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

真っ赤な結晶塗装のカバーが見事に蘇った4バルブDOHC|FJ型エンジンと1981年式 スカイライン 2000 RS Vol.1

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Nosweb.jp

FJ型エンジンと1981年式 スカイライン 2000 RS Vol.1 DR30スカイライン2000RSのエンジンルームでまず最初に目に飛び込んでくるのは、真っ赤な結晶塗装を施したヘッドカバー。 再塗装によって真っ赤なヘッドカバーが見事によみがえったFJ20型エンジンやフジツボのステンレスマフラー、水平指針のメーターなど【写真9枚】。 その印象的なエンジンFJ20型が誕生したのは1981年のこと。 同年8月に6代目スカイラインとしてR30が発売開始され、その2カ月後の10月に新開発されたDOHC4バルブエンジンのFJ20型を搭載したDR30スカイラインRSが誕生した。 DR30スカイラインは、後期型のRSに採用されたグリルレスのフロントマスクが「鉄仮面」の名でよく知られているが、前期型ではスラントシェイプのヘッドライトを採用。3本の横バーで構成されるRS専用グリルを採用しているのが最大の特徴だ。 テールランプは伝統の丸型を採用した。大きな長方形のスモークレッドの面にランプが浮かび上がる斬新なデザインがスポーティーさを引き立てた。 車内レイアウトの変更などにより、先代のスカイライン(ジャパン)に比べて室内空間を広げ、ガラス面も約20%拡大し、広々とした居住スペースを生んだ。インパネも樹脂製一体成形を採用し、軽量化と省スペース化を実現している。 メーターはスカイラインの伝統でもある水平指針タイプ(0の位置が水平となる)。オレンジの文字にスイッチ類とコントロール類が明確に分けられた表示で、視認性が高い。メーター部は左から電圧、燃料、スピード、エンジン回転数、水温、油圧が並んでいる。 搭載されるFJ20型は一気筒あたり4バルブの本格的なDOHC4気筒エンジン。同スペックのエンジンが乗用車に搭載されたのは国内初だった。市販車としての性能に加え、レースやラリーでの使用も考慮された。チューンナップを行った後の極めて過酷な状況であっても、十分に耐えうる潜在能力を与えるため、さまざまな工夫が見られる。 カム直接駆動式バルブ開閉システム、二段式チェーン駆動、油圧・スプリング併用式の自動チェーンテンショナーなど、シンプルで信頼性と耐久性の高い構造を採用。結果的に小型、軽量を実現し、当時の国産2Lエンジンの中では軽量な160kgを達成した。 撮影車両は1981年の12月に登録されたクルマで、車台番号1000番台という極初期モデル。赤いヘッドカバーが低かったり、フロントのキャブ側にある、チェーンテンショナーカバーが黒い板であったり、極初期モデルの特徴が見受けられる。 劣化しやすい当時の結晶塗装部分を再塗装し、真っ赤なヘッドカバーが見事に蘇らせ、エアコンユニットには新品パーツを組み直している。 さらにエキパイとマフラーにはフジツボのオールステンレス製の新品部品を装着。最大のハイライトは、キャブレター化だが、その他の詳細なエンジン部分のレストア&チューニングとともに次回Vol.2で詳しく解説する。 1981年式スカイライン 2000 RS(KDR30JFE) 全長×全幅×全高(㎜) 4595×1665×1360 ホイールベース(㎜) 2615 トレッド前/後(㎜) 1410/1400 車両重量(㎏) 1115 エンジン型式 FJ20型 エンジン種類 直列4気筒DOHC 総排気量(㏄) 1990 ボア×ストローク(㎜) 89.0×80.0 圧縮比 9.1:1 最高出力(ps/rpm) 150/6000 最大トルク(㎏-m/rpm) 18.5/4800 変速比 1速3.321/2速1.902/3速1.308/4速1.000/5速0.833/後退3.382最終減速比 4.111 ステアリング形式 リサーキュレーティングボール サスペンション ストラット セミトレーリングアーム ブレーキ ベンチレーテッドディスク/ディスク タイヤ 195/70HR14(前後とも) 発売当時価格 217.6万円 次回「FJ型エンジンと1981年式 スカイライン 2000 RS Vol.2」へ続く

Nosweb 編集部

【関連記事】