Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【“新型コロナ禍”と向き合う】若い世代に発信…YouTuber瀬戸内サニーと香川県知事が対談

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KSB瀬戸内海放送

 高松市沖にある大島には、国が定めた「らい予防法」によって、多くのハンセン病患者が強制隔離されました。  戦後すぐに治療法が確立されたにもかかわらず、元患者や家族は長く差別や偏見に苦しみました。今も多くの入所者が暮らす大島青松園を浜田知事は、たびたび訪問しています。

(瀬戸内サニー/大崎龍史さん) 「差別の歴史を繰り返してはいけないというお話をされたときに一番、心に響くものがありました。『香川県の知事らしい』発言、全国の人もそういう視点を持っていただきたいと思った発言でした」

若い世代へのメッセージ発信に手応え

 対談の中では、新聞を読んでいないという高校生の声も紹介されました。  若い世代に対するメッセージの発信手段として、浜田知事も今回のYouTubeでの対談に手応えがあったようです。 (香川県/浜田恵造 知事) 「若い人に利用されているSNSらしい、問題の視点が大変参考になりましたけれど、これからもいろんなメディアを通じて訴えていく、周知していくことを考えている」

「高校生の声が届いていなかった」

(瀬戸内サニー/大崎龍史さん) 「高校生に寄り添っていただけたというか、いろんな声がある中でたぶん高校生の声が届いてなかったと思うので、そういうのが届いて改めて課題意識を持っていただけたかなという認識ではあります」

<対談動画から> 浜田知事:若い皆さんがキチッと行動を変えていただくことが、香川の未来を変えることになります。みなさんの力を貸してください。ぜひお願いします。 サニー&浜田知事:ステイホーム サニ!  浜田知事との対談動画は、13分にまとめたものと、約25分のノーカット版をYouTubeで公開しています。「瀬戸内サニー」で検索してください。

【関連記事】