Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『美食探偵 明智五郎』 中村倫也×小池栄子 “炎のキスシーン”に反響「見とれてしまった」

配信

クランクイン!

 俳優の中村倫也が主演を務めるドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第6話が17日に放送され、中村と小池栄子の炎に囲まれた中でのキスシーンに「こんなキレイなキスシーン見たことない」などの声が相次いだ。 【写真】美しい…中村倫也と小池栄子、“炎の中でキス”『美食探偵 明智五郎』第6話より  母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟の六郎(草川拓弥)と一緒に見合いをすることになった明智。当日に遅刻した六郎の代わりに苺(小芝風花)が男装をして代役を務めることになってしまう。小芝の男装にSNS上では「かっこいい(笑)」「まさかの男装!」「似合う、かわいい!」などの反響が寄せられた。  見合いの直後に突然苦しみだした見合い相手を見て、明智はマリアが絡んだ殺人事件であることをにらむ。先に帰るように告げられた苺だったが、明智の後を追うと、ついにマリアと対面する。  明智の推理で事件は解決するも、ある人物に捕らわれてしまった明智。真犯人は小屋に火をつけて、明智を殺害しようとするが、そこに苺とマリアが現れる。苺が立ちすくむ一方、マリアは「愛する人のためなら迷わず命を捧げるわ」といい、火の中に足を踏み入れる。苺の前で明智とマリアは炎の中で見つめ合い、口づけを交わすのだった。このシーンにネットでは「マリア圧勝」「美しすぎる」「見とれてしまった」などの声が寄せられた。  なお、明智と苺が話す第6話のラストシーンは、新型コロナウイルスの影響で撮影が中断されたため、特殊な方法で十分な距離をとって撮影された。黒バックの抽象的な世界に転調するが、ネット上では「舞台みたいで素敵」「ソーシャルディスタンス撮影をよく活かしてる」「演技すごい」などの声が相次いだ。

【関連記事】