Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

材料費3000円で初挑戦!DIYで憧れの焚き火ハンガーを作ってみた

配信

&GP

難しかったツールサイドハンガー

次は焚き火ハンガーを象徴する定番ツールのサイドハンガー。クルッと丸められた鉄棒がメインポールに巻きつくようにつけられた形は、カッコよいだけでなく、キャンプサイトのさまざまな小物を引っ掛けられとても便利です。 が、これが難しかった…。 曲板と曲棒、それに物置で見つけた金属パイプを駆使して奮闘したのですが、直径13mmの鉄筋ではどれだけ頑張っても大きな丸にしかできません。 そこで再びホームセンターへ。ワンランク細い直径9mmで、異形鉄筋独特の表面のリブ加工がない、シンプルな鉄の丸棒を買ってきました。 これに金属パイプを差し込み、13mm鉄筋に絡ませるようにギューっと丸めます。さすがに4mm細いと、一気に曲げることができました。ギュッギュっと形を整え、これでハンガーの完成です。

ご覧ください、曲げた丸部分の大きさの差を。これなら、メインポールにしっかりと掛かり、ずり落ちることもありません。

耐熱塗料スプレーで塗装

必要なパーツがすべてできたら塗装します。憧れの炎に映える焚き火ハンガーは、漆黒のブラックでなければなりません。600℃の温度まで耐えられる耐熱塗料のブラックをスプレー。錆止めの効果もあるので、しっかり全体に塗っていきます。 乾燥時間は約1時間。ついに焚き火ハンガーが完成!

組み立て

組み立ては超簡単。2本のメインポールをペグ打ちに使うハンマーで地面に打ち込み、先端のS字加工部分に横ポールを渡せばメインフレームは完成です。 注意点は、メインポールを地面に突き刺す前にサイドハンガーの丸部分を通しておかないといけないこと。順番を間違い上からサイドハンガーを入れようとしても入らないのでご注意ください。 横ポールにフックを付け、適当な長さの鎖にファイアーテーブルを設置し、全体が完成しました。自分で言うのもなんですが、結構なかっこよさです。 早速、家から各種キャンプアイテムを取り出して、全体にディスプレイしてみました。 サイドハンガーは、よく行方不明になっていたグローブや火バサミ、鉈を吊るすのにぴったりです。 少し強度が心配だったファイアーテーブルでしたが、鋳鉄のオーブンを置いてもびくともしませんでした。鎖で火からの高さを調整できるのが便利です。

【関連記事】

最終更新:
&GP