Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジョーダン引退後のブルズが目論んだ“起死回生”の補強プランが発覚。もし成功していれば…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 シカゴ・ブルズが最後に優勝した1997-98シーズンに密着して撮影したドキュメンタリー10部作『ザ・ラストダンス』は大きな反響を呼んだ。マイケル・ジョーダンは7度目の優勝に向けた意欲は持っていたが、全幅の信頼を置いていた指揮官のフィル・ジャクソンが現場からの一時休業を望んだことで現役引退。相棒スコッティ・ピッペンはヒューストン・ロケッツへトレード、デニス・ロッドマンは放出され、あえなく常勝軍団は解体となった。 【動画】愛称は“ビッグ・ファンダメンタル”。スパーズを5度の優勝に導いたダンカンのキャリアトップ10プレー!  ブルズはその後、トニー・クーコッチが主軸となった1998-99シーズンは13勝37敗、1999-2000シーズンはドラフト全体1位でエルトン・ブランドを指名したが、17勝65敗と下位に低迷。そこで、黄金期の土台を築いたジェリー・クラウスGMは2000年のオフに“起死回生”の大補強を目論んでいたという。  同年のドラフト1巡目8位でクリーブランド・キャバリアーズから指名を受け、トレードでブルズ入りしたジャマール・クロフォードが『The Platform Basketball Podcast』に出演。クラウスGMが思い描いていた一発逆転のプランを明かした。   「俺のルーキーイヤーと2年目は、(ブルズは)リーグで最も若いチームだった。そしてファンは『OK、再建の年になるだろう』と分かっていた。でも、俺のルーキーイヤー、ジェリーはグラント・ヒル、ティム・ダンカン、トレイシー・マッグレディを獲得しようとしていた」(クロフォード)  クラウスGMと言えば、1994年にピッペンとショーン・ケンプ(当時シアトル・スーパーソニックス)、2連覇直後の1997年にはピッペンとマッグレディ(同年のドラフトでトロント・ラプターズに入団)のトレードを画策していたのが有名だ。  しかし、2000年オフ、デトロイト・ピストンズでの6年間で平均21.6点、7.9リバウンド、6.3アシストをあげたヒル、97年のデビューからサンアントニオ・スパーズを牽引してきたダンカン、3年前にも獲得に動いていたマッグレディの“ビッグ3”を新たな柱として考えていたという。 「MJは引退したばかり。キャップスペースはフルで空いていた。そしてグラント、ティム、T-MACの3人は全員フリーエージェント。ジェリーは3人獲得できると心底信じていたよ。その時、たとえ2人でも獲得できていたら、凄い人気になっていただろうね」  

【関連記事】