Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本屈指の高級住宅街「港区麻布」超一等地の邸宅に住むのは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

日本各所に点在する、高級住宅地。どのようにして高級住宅地となったのか、その資産価値はどれくらいなのか。富裕層が住む、知られざる高級住宅地のストーリーを紐解いていきます。今回ご紹介するのは、港区麻布。

かつての陸の孤島…国際色豊かな高級住宅地

港区麻布は、港区の5地区のひとつで、山手の高級住宅地の代名詞に数えられる地域です。元々港区は、1947年に「麻布区」「芝区」「赤坂区」が合併して誕生しました。麻布は旧麻布区にほぼ一致するエリアで、現在、麻布と名がつくのは、「麻布狸穴町」「麻布永坂町」「南麻布」「元麻布」「西麻布」「麻布台」「麻布十番」「東麻布」の8つの地区。「六本木」も元来麻布地区ですが、昨今は、高級住宅街の麻布と繁華街の六本木を分けて語られることが多いようです。 また都心でありながら交通の便が悪いことで知られ、特に南麻布や麻布十番あたりは、かつて「陸の孤島」と呼ばれていました。一方で車でしかアクセスできない立地から、都会の喧騒から隔離された、大人の隠れ家的な街として人気を集めていましたが、東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線が開通し、利便性は一気に向上。街の魅力が広く知られることになりました。 ひと口に麻布といってもエリアは広く、地形的には起伏に富んでいます。特に高級住宅地といわれるのが台地であることが多く、幹線道路沿いには、高級レジデンスがズラリ。一方で坂の下は、築年数は古くなりますが、リーズナブルでお手頃価格の賃貸物件も豊富で、「麻布に住みたい!」という人の憧れを叶えてくれます。 麻布といえば、各国の大使館やインターナショナルスクールなどが集まる国際色豊かな街として知られています。なかでも「元麻布」には「オーストリア大使館」や「アルゼンチン大使館」、由緒ある会員制社交クラブである「東京アメリカンクラブ」などが集まり、外国人の多いエリア。広い道路に、広い敷地に建つ邸宅が並ぶゆったりとした街並みは、洗練された気品にあふれています。 「南麻布3丁目から5丁目」にかけても、「フランス大使館」や「ドイツ大使館」などがある国際色豊かなエリアで、麻布エリアのなかでも高級住宅地として知られている地域です。広大な緑を有する「有栖川宮記念公園」のほか、日比谷線「広尾」駅にも近く、利便性も兼ね備えています。アーティストに人気のエリアだけあり、デザインにこだわった豪邸が多いのも特徴です。

【関連記事】