Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大野智、月9初主演ドラマ『鍵のかかった部屋 特別編』放送決定 戸田恵梨香&佐藤浩市共演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 嵐の大野智が主演を務め、2012年4月期に放送されたフジテレビ月9ドラマ『鍵のかかった部屋』の特別編が、5月11日21時より放送されることが発表された。嵐が主演した月9ドラマの中で、全11話の世帯全話平均視聴率16.0%と歴代最高を記録した本作について、大野は「僕が演じる主人公・榎本が密室トリックの謎を解き明かしていくミステリードラマで、僕の月9初主演作でもあるので、とても思い出深いドラマです」と語っている。 【写真】ヒロインを務める「戸田恵梨香」  本作は、大野智演じる奇才の防犯オタク・榎本径が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)とともに難解な密室事件を解明していく、貴志祐介原作の痛快エンターテインメント作品。新型コロナウイルス感染拡大への配慮から、フジテレビではドラマの撮影を休止しているが、以前より視聴者から再放送の要望が多かった本作が、「家族そろって楽しめるドラマ」として、放送されることになった。  大野が演じるのは、大手警備会社に所属する榎本径。しかし、この男、普通の警備会社社員とはかなり異質の存在。榎本は、本社ビル内の暗い廊下の奥にある備品倉庫室で日々ひたすらセキュリティ(特に鍵や錠前)の研究に没頭する、いわゆる“防犯オタク”なのだ。  性格は冷静沈着でとっつきにくく、一見近寄りがたい風体で、鍵や錠前をはじめとした防犯アイテムの知識はもちろんのこと、物理や化学、建築などに関するあらゆる基礎的理論にも造詣が深く、「この世に破れない鍵はない」と自信を持つマニアックな男。そんな榎本が、ひょんなことから密室事件の真相解明を依頼される。殺人事件の解決にはまったく興味がないが、「密室」というキーワードを聞くと、表情が変わり…。  大野は、特別編の放送にあたり「榎本がどうやって密室トリックの謎を解き明かしていくのか? ぜひご家族そろって一緒にお考えいただき、楽しんでいただけたらうれしいです」とメッセージを寄せた。  『鍵のかかった部屋 特別編』は、フジテレビ系にて5月11日21時放送。

【関連記事】