Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エアコン掃除は火災に注意!誤った新型コロナ対策でも火災の危険あり!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

 今年は連日猛暑が続き、エアコンが大活躍しています。ところがエアコンの掃除で火災が起こるケースがあることをご存じでしょうか?また、新型コロナウイルスの感染防止のために身の回りの消毒や掃除を徹底している人も多いはず。CBCテレビの情報番組「チャント!」では、エアコンを掃除する時、消毒用アルコールを使う時の注意点を調査しました。  番組リポーターの市野瀬瞳さんが向かったのは、名古屋市消防局の消防研究室。消防指令補の阪下照男さんに解説してもらいながら、火災の実証実験を行いました。

◆誤ったエアコン洗浄で火災発生!

 2013年に福岡市の住宅で、エアコンの室内機が発火して天井や壁に燃え移る火災がありました。出火の原因は、エアコン内部の洗浄のやり方にあったと見られています。製品評価技術基盤機構(NITE)によりますと、このようなエアコンの火災事故はこの5年で244件発生し、7人が死亡しているということです。  阪下さんによると「エアコン洗浄スプレー」の使い方を誤ると、火災発生の原因になることがあるといいます。では、エアコン火災の実験映像を見てみましょう。  エアコン掃除の手順に沿って、まずは「エアフィルターを取り外す」。続いて「冷却フィンに洗浄スプレーをかける」。そして「元通りに取り付けて電源を入れる」。掃除は完了です。しかし、しばらくすると…炎が立ち上がりました!高熱でエアコンのカバーがグニャリと曲がり溶け落ちています。一体何が起こったのでしょうか?

 阪下さんは「トラッキング現象による発火です」と解説。トラッキング現象とは、電気回路の中に水分やほこりが溜まり、内部がショートして出火する現象のこと。

エアコンの場合、内部の電気回路に水滴が付着しているとトラッキング現象が起き、出火することがあるそうです。

 番組では「トラッキング現象」を分かりやすく再現。エアコンの電気回路に見立てたコンセントに洗浄スプレーを噴霧し、意図的にトラッキング現象を起こす実験を行いました。電流と電圧の測定器と、20アンペア以上の大きな電流が流れると自動で電気を遮断するブレーカーも設置。このブレーカーは、ショートした際にそのまま電流が流れ続けて火災が大きくならないようにするものです。

【関連記事】