Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「老人はもう長生きしない」介護現場が明らかにする驚愕の事実

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

新型コロナより怖い、老人抹殺社会の現実が忍び寄ってきている。「老人はもう長生きしない。なぜなら、老人を殺してもおかしくない社会になっているからだ」――。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実。超高齢化社会ニッポンが抱える問題点を明らかにする。本連載は小嶋勝利著『もはや老人はいらない!』(ビジネス社)から一部を抜粋、編集したものです。

医療業界に浸食されて介護業界は消滅する

病院に老人を奪われる老人ホーム。医療で介護はすべてカバーできる。 しかし、介護で医療はカバーできない ここで少しだけ、介護と医療の関係性に触れておかなければなりません。結論を言えば、今の介護支援サービスの多くがこのままでは医療業界に侵食され、やがて消えてなくなるということです。介護業界は消滅するのです。少なくとも介護業界の主力サービスは、大きく変わっていくはずです。 どのように変わるのでしょうか? 今の介護保険制度の考え方からすれば、医療の能力は十分に介護サービスをカバーすることが可能です。医療機関は、訪問介護サービスが提供しているサービスをすべてカバーできます。が、逆は無理です。看護師でなければできないサービスが明確に決まっているからです。同じように医療機関が提供する通所リハビリテーションは、介護事業者が提供する通所介護サービスを能力的にはカバーすることができます。しかし、その逆は無理です。なぜなら通所介護は医師が常駐していないからです。 次のことを整理しておく必要があります。「介護と医療は似て非なるものである。というよりも、まったく違うものである」ということです。しかし、今の介護保険法の概念は、私の受ける印象では、介護の医療化を進めているような気がしてなりません。 繰り返しになりますが、医療には成果や結果が重要です。病気や怪我をして受診し、もし改善がなければ、その医者は「藪医者」のレッテルを張られてしまいます。そして患者からの信頼を失い、売上を失います。ここには議論の余地はありません。 しかし介護、特に高齢者介護には、どの程度の改善が必要なのでしょうか? ここがきわめて難しい問題です。90歳の寝たきりの高齢者がいたとします。ある人は「たとえ90歳であったとしても、人の身体は訓練さえすれば改善するはず。きっと本人も座って食事がしたいはずだ」と考え、「座る訓練をするべきだ」と主張します。またある人は、「もう90歳、本人もそろそろお迎えに来てほしいと言っている。今さら苦痛を伴う座る訓練などしなくても、このままで良いのではないか」と主張します。

【関連記事】