Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【特集】マスクで熱中症になる?コロナか熱中症か・・・よく似た症状で医療現場も困惑 例年とは違う夏をどう乗り切るか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売テレビ

危険な暑さ続く コロナと熱中症で救急搬送者が急増 困惑する医療現場の実態

連日続く猛暑。8月に入り、40度を超える地域も出る中、新型コロナウイルスの感染者とともに急増しているのが熱中症による救急搬送者です。8月11日、東京消防庁管内では、熱中症の疑いで今年最多となる250人が救急搬送され、うち19人が重症となりました。千葉では習志野市の工場で作業中の男性が熱中症で死亡するなど、危険な暑さが日本列島を覆っています。一方で、同日時点で東京都の新型コロナ入院患者数は1710人となり、うち重症者は22人、また2人の死亡も確認され、都が確保している病院のベッド数2400床のうち7割が埋まっている状況です。感染経路も家庭内感染が依然として多く、全国各地の学生寮やクラブ活動でクラスターが発生しています。ここに今後、熱中症患者も増加すると、十分な医療体勢が確保できなくなる可能性も。今年はコロナと猛暑、双方に対策を取らなくてはならない、例年とは異なる夏。炎天下でもマスクを外すことをためらう人も多く、熱中症のリスクが高まっています。医療現場では熱中症とコロナ両方の対応に追われ、医療従事者のさらなる負担も懸念されています。

汗が止まったら要注意 熱中症のメカニズム

暑い環境下で起こる体調不良は全て熱中症の可能性があります。暑さで上昇した体温を下げようと汗をかき続けることで体液(体の中の水分)が不足し、脱水症が起こります。すると発汗が止まり、体温調節機能が維持できなくなるために熱中症になってしまうのです。重症度によってI度~III度の3段階に分けられ、I度は立ちくらみやこむら返りなどの症状で、現場での応急処置で対応できる軽症です。II度は頭痛、吐き気、全身の倦怠感などが現れ、病院への搬送を必要とする中等症。そしてIII度は意識障害やけいれん、体温の上昇など、入院して集中治療の必要性のある重症でいわゆる“熱射病“と診断されるものです。熱中症に詳しい帝京大学医学部附属病院高度救急救命センターの三宅康史教授は、熱中症かなと感じた際には症状にこだわる必要はなく、暑い中で少しでも体に異変を感じたら、体を冷やす、休む、そして水分補給をすることが重要といいます。

【関連記事】