Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

やっぱり難しい? 実はやさしい? “タイガーモデル”ウェッジをゴルフトレンドウォッチャーが自分で買って打ってみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

秋の新商品が各メーカーから続々と発売されているが、そのうちのひとつがテーラーメイド「ミルドグラインド2ウェッジ」タイガーモデルだ。タイガーファンなら一度は使ってみたいと考えるウェッジをゴルフトレンドウォッチャー・コヤマカズヒロが試してみた。

“タイガーと同じ”ウェッジの使い心地は?

9月の新製品発表ラッシュに少し埋もれた格好になってしまったが、テーラーメイドから「ミルドグラインド2 タイガー・ウッズ スペシャルエディション グラインド ウェッジ2本セット」(※以下『タイガーグラインド』)が、9月11日に数量限定で発売になっている。 同社のセレクトフィットストア限定販売で、専用のBOXにタイガー・ウッズからのサンクスレターがついたコレクターズアイテムだ。価格は8万円税抜。ウェッジ2本の価格としては高価だが、タイガーの限定品と思えば、十分納得できる。 「ミルドグラインド2」は、ソールを機械加工で仕上げていて、製品精度が高いことを売りのひとつにしている。タイガー・ウッズは毎試合ウェッジを変えるほど、新品ウェッジの溝とフィーリングにこだわりがあるため、形状の個体差が少なく、常に同じものが出来るこの製法を気に入っているという。 今回の「タイガーグラインド」は、そんな同モデルの特徴を活かし、タイガー・ウッズのために施されたソールグラインドを再現した、文字通り、タイガー仕様のウェッジだ。よく知られているように、ツアープロはウェッジを削って、自分好みのソール形状にして使っている選手が多い。つまり、この「タイガーグラインド」はタイガーのノウハウの詰まったソール形状を市販化するという試みなのだ。これはギアマニアでなくても、がぜん期待感が高まるクラブだろう。

ミルドグラインド2 タイガー・ウッズ スペシャルエディション買ってみた

さて、アメリカでもこの限定セットは販売されるのだが、彼国ではBOXがついていない「タイガーグラインド」単品での販売も行っている。セットが799ドルに対し、そちらは1本199ドルとかなりリーズナブル。BOXとタイガーのサンキューレターは捨てがたいが、それを我慢すれば、こちらのほうが手は出しやすい。いわゆるコレクターズアイテムとしてではなく、実使用のために、リシャフト前提で購入するのにも良さそうだ。 限定セットのシャフトは「ダイナミックゴールド ツアーイシューS400」が装着されているが、ヘッドは限定モデルとの違いはなさそうなので、筆者は単品販売の並行輸入品を56度、60度の2本で購入してみた。シャフトはツアーイシューではなく、通常の「ダイナミックゴールド ウェッジフレックス」だ。 見た目はプロパー品の「ミルドグラインド2」とほとんど変わらないが、ロフト角56度のバックフェースには、タイガー仕様を表す「TW-12°」の刻印がある。ロフト角60度は「TW-11°」だ。この数字はバウンス角を表していて、意外にもバウンス角が大きいことがわかる。ちなみにプロパー品の60度はバウンス角8度。一般ゴルファーが使用するモデルより、「タイガーグラインド」のほうが、バウンス角が大きいのだ。