Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

黒澤耕一郎が卓内トップ 4戦3勝と絶好調/麻雀・μリーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 麻雀プロ団体、麻将連合の最高峰リーグ「μリーグ」第6節が9月28日に行われ、放送卓で黒澤耕一郎が卓内トップを取った。 【動画】麻雀連合・小林剛が所属するMリーグ「U-NEXT Pirates」ハイライト  今期は大きな上下を繰り返し、残り3節を降級圏で迎えていた黒澤だったが、今節は好調。混戦の1回戦でトップを取ると、2回戦は南場の親を活かして加点し連勝スタート。3回戦こそラスを引いたが、4回戦は開局から突き抜けリードを守ってトップ。この日3勝をあげて卓内トップに。残り2節決定戦も望めるかという位置まで浮上した。 【試合結果】 1位 黒澤耕一郎 +53.9 2位 藤原健 +23.9 3位 忍田幸夫 +11.9 4位 小林剛 ▲36.8 5位 草場とも子 ▲53.9  ◆μリーグ 麻将連合の最高峰リーグ。10人のプロで8節、半荘32回戦を行い、上位3人が将王決定戦に進出。現将王と決定戦を行う。  ◆麻将連合 通称μ(ミュー)。1997年設立。最高位戦代表(当時)だった井出洋介が設立。所属プロは計63人。主なプロは忍田幸夫代表、井出洋介のほか小林剛、草場とも子らが所属している。主なタイトル戦は、将王、BIG1、M1。 (C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH LIVEから

【関連記事】