Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ストレスに負けない精神づくりに効果的!「坐禅」のやり方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

目まぐるしく変わる世の中や情報に、心と体が疲れている人もいるだろう。自分と向き合い、リラックスする時間とマインドフルネスな状態を保てば、ストレスに打ち勝つことができるのでは。そんな時におすすめなのが心と体と呼吸を整える、坐禅。習得すると、価値観に揺さぶられることなく物事を見ることができ、今まで見落としていたことに気づくことができるという。今回は京都にある退蔵院の松山副住職に、意外と知らない正しい坐禅のやり方を伺った。家でもできる、マインドフルネスな体験についてご紹介!

坐禅とは?

「坐禅は何かを得るものというより“なくしていく“ものと考えてください。情報化社会で生きていると、物事を色眼鏡で見てしまいます。どうしても裸の心で世の中をとらえることができなくなってしまいます。そんな日常の中に坐禅を取り入れることで、自然と呼吸を整えることができ、周りを感じることができます」と松山副住職。つまり、坐禅を通して今まで“見えなかった“ものに気づくことができるのだ。 慣れるまでは実際にお寺へ行き、僧侶から直接指導いただく方がいいだろう。正しい方法を教えてもらえるだけでなく、お寺の素敵な空間や風景を見ながら坐禅ができる。直接お寺へ行くことができない人は、オンライン坐禅に参加してみては? 松山副住職によるチャリティーオンライン坐禅も開催中。収益金はコロナ給付金寄付プロジェクト、こども宅食プロジェクト、日本赤十字社の義援金等に寄付をしている。非日常的な体験をするだけでも、ストレスが軽減されそう。

坐禅の正しいやり方はどうやるの?

坐禅は家でも実践できるところがよいところ。 まず、下記4つの環境を整えることからはじめてみて。 1.服装 リラックスするためにも、ぴったりとした洋服は避けて。くつ下は脱いで、アクセサリーも外そう。 2.座り方 座布団を半分に折って座ろう。そうすることで、腰が入り足が組みやすくなる。慣れない人は、椅子に座って。 3.明るさ 部屋の電気は消すか、少し暗めに調節。明るすぎると、集中できなくなる。 4.窓 できるだけ開けて、外の空気を入れよう。自然の音を少し感じると坐禅がうまくいくそう!

【関連記事】