Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一見くだらない方法で、成果が劇的に変わる。あなたを助ける「ハック思考」の身につけ方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

WebサービスのUI改善を実現する「Kaizen Platform」を立ち上げた須藤憲司さん。 2003年にリクルートに入社し、マーケティング部門、新規事業開発部門を経て、リクルートマーケティングパートナーズ執行役員を務めた超優秀なビジネスパーソンです。 2013年に「Kaizen Platform」を立ち上げてから、現在までさまざまな組織の課題を洗い出し、改善しています。 そんな須藤さんの思考の原点にあるのが、書籍タイトルにもなった『ハック思考』。 今回はその実態について、同書のより一部抜粋してお届けします。

あなたを助けてくれる究極のスキルは何か?

僕は、いつの時代でも普遍の究極のスキルが知恵だと考えています。 単なる知識は、ググればいいし、作業のスピードや正確さは、RPAやロボットには絶対に勝てないわけです。 会社の寿命は、30年から、半分の15年に、人の労働寿命は、30年から、倍の60年になると言われています。 普通に考えて3~4回は、転職をすることになります。 そのときに同じ業態が存在しているかどうか?はわかりません。 職種も職能も、これからは変化し続けないといけない可能性が高いわけです。 そんなときに活きるのが知恵です。 そして、僕が現代における知恵の一つだと思っているのが、このハックなのです。

そもそもHackとはなにか?

われわれを取り巻く世界のルールは非常にシンプルにできています。 仕事も、勉強も、スポーツにおいても、皆がかけがえのない人生の時間や時にお金を投じて、何らかの成果を得ようとしています。 同じインプットから大きな成果を得られるように転換効率を劇的に高めることをハックと呼びます。 私自身、これまで自分の周りの世界をハックして、身の丈以上の成果を得てきました。 世界をハックするのに複雑なプロセスは必要ありません。 人と違う規則性や法則を見つけて、…1 その規則性や法則を構成するシステムのスキマに介入する。…2 というたった2つのステップで実行できます。 例えば、「エレベーターの待ち時間をどのように最小化するか?」という有名な問題があります。 そのビルの管理会社は、「ビルに設置されたエレベーターの待ち時間が長い」と借主から多くのクレームを受けていました。 専門家たちは、詳細な分析を行った結果、下記の解決策を提案しました。 1)エレベーターの増設 2)より高速なエレベーターへの機種変更 3)新たに開発されたエレベーター制御装置の設置 要するに、専門家たちは、大幅なコストをかけない限り、クレームの解決は行えないことを明らかにしたわけです。 担当者は、部下を招集し、この事態について相談しました。 長時間の会議が開かれ、皆が疲れてきた頃、それまで口を開かなかった新人が、おずおずと一つの提案を行いました。 「各階のエレベーターの前に、大きな鏡を置きませんか?」 すると2週間後、エレベーターに対するクレームは、一件もなくなったのです。 なぜ、「エレベーターの前に鏡を置くこと」で、「エレベーターの待ち時間を減らす」という「問題」が「解決」したのか。 それは、「エレベーターの前に置いた鏡によって、エレベーターを待っている人が、そこを覗き込み、身だしなみを整えたり、後ろにいる魅力的な異性に目をやったりする時間が増えたから」です。 その結果として、「エレベーターの待ち時間」──正確に言うならば、「エレベーターの待ち時間として認識される時間」は、激減することになりました。 つまり、「鏡を置くこと」で、「エレベーターの待ち時間はまったく変わっていない」のにもかかわらず、その時間を「待ち時間」として認識しなくなった、ということになります。

【関連記事】

最終更新:
新R25