Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Aviation Wire

 KLMオランダ航空(KLM/KL)は9月7日、デルフト工科大学と2040年以降の実用化を目指す次世代旅客機「Flying-V(フライングV)」のプロトタイプが、8月に初飛行したことを明らかにした。同社のYouTubeチャンネルで初飛行の様子を公開している。  KLMは創業100周年にあたる2019年に、Flying-Vの外観スケールモデルと内装を公表。客室や貨物室、燃料タンクはすべてV字型の両翼に収まる設計だが、座席数はエアバスA350-900型と同等の314席で、通常の滑走路を使用できるという。  空気抵抗を軽減する設計と機体の軽量化により、現行の低燃費航空機と比べて約20%の燃料削減を実現できるとしている。  今回のプロトタイプの試験飛行に続き、次の目標として持続可能燃料を使った飛行を目指すという。

Tadayuki YOSHIKAWA

【関連記事】