Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

離婚発表「流れ星」瀧上&小林礼奈 本紙だけが知る経緯を全部書く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東スポWeb

 お笑いコンビ「流れ星」の瀧上伸一郎(年齢未公表)が1日、13歳下のタレント・小林礼奈(28)との離婚を発表。4年半の結婚生活に終止符を打った。 【写真】セクシーグラドル時代の小林礼奈  2人は3年の交際を実らせ、2016年3月に入籍。同年9月に長女を出産した。いわゆる〝デキちゃった婚〟だった。  瀧上はお笑い界屈指のイケメン芸人としてモテモテで、2014年には本紙制定「ビートたけしのエンターテインメント賞日本芸能大賞」を受賞。たけしからネタ作りの才能を高く評価された有望株で、自らのネタを元に架空の「肘神神社」を造って故郷の町おこしをするなど実行力もある。ただ、趣味は超合金収集、格闘ゲームと〝オタク気質〟だ。    一方の小林は元AKB48・前田敦子(29)のものまねで知られる美人タレントだったが、豚好きが高じて養豚場に勤務し、夜はキャバクラで生活費を稼いでいた変わり種だ。瀧上が自宅に招いた後輩芸人の下半身に手を伸ばす、深夜にパジャマで外出して駅前でナンパ待ちするなどの奇行から〝瀧上のヤバすぎる嫁〟と呼ばれていた。  美男美女カップルながら、ともに個性が際立つため、一度ぶつかると手が付けられなくなる。そもそも、新婚時から火種はあった。瀧上が別の女性と親しかったため、芸人仲間では「〇ちゃんと結婚するのでは」と噂されていた。結婚会見後、本紙が瀧上にただすと「なんで知ってるんですか? でも、絶対言わないでください。嫁にバレたら殺されます」と口止めを依頼された。その際「女性関係を整理して妻一本に絞ります。浮気はしません」と約束し〝家庭最優先〟を誓った。  長女が生まれて家族仲良く過ごすかに見えた。だが昨夏、小林は子宮外妊娠で緊急手術した際、生命の危険があったにもかかわらず、瀧上の気遣いが足りなかったとして激怒。瀧上なりに妻を気遣ったものの、ボタンの掛け違いで次第に2人の距離が広がってしまう。  今年に入りコロナ禍で瀧上が自宅で過ごすようになり、ペットの世話や子育てをめぐって対立。5月には〝別居〟したが、本紙の指摘に瀧上が反論するなど、この時にはまだやり直すチャンスは残されていた。だが、ケンカは増える一方。ついには小林が夫婦ゲンカをインスタライブで生中継し、瀧上の怒声を伝える前代未聞の事態に発展した。  小林は「要するに渡部さん的なことですよ。見ちゃったの、ヤッてるところ。私、頭おかしくなっちゃった。浮気だけならいいけど、見ちゃったらヤバいよね。気持ち悪かった。それが忘れられないの」と3年前の夫の浮気を暴露。  瀧上は後日、「そういうお店に1回行っただけ」と否定したものの、亀裂は決定的になった。カウンセリングを受けても事態は好転せず〝コロナ離婚〟は時間の問題とみられていた。

東京スポーツ

【関連記事】