Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1959年10月、南岸を通過した台風18号による大量遭難。生死を分けたのは「濡れた衣服を着替えたかどうか」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
YAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)

今年(2020年)は7月までわずか2個の台風しか発生していませんが、8月以降は台風ラッシュとなっています。 【画像】「聖職の碑」として知られる将棊頭山の山頂直下にある遭難碑 今回は台風ラッシュとなった1959年の話です。1959年は台風15号ベラ、またの名を「伊勢湾台風」が死者・行方不明者5,000人以上を超える、明治以降の台風災害史上最悪の被害をもたせた年です。このほかにも、1951年以降の気象庁の統計史上8番目に低い中心気圧885hPaを記録した台風9号、そして沖縄県に死者46人・全半壊家屋1,258戸の被害を与えた台風18号など、合計23個の台風が発生しています。 今回、取り上げるのはこの台風18号です。台風18号は沖縄県に被害を与えた後、本州南岸を通過して穂高連峰、八ヶ岳、奥秩父などで多数の遭難者を出しています。その中でも、北アルプスの滝谷で発生した遭難事故に焦点を当てて解説したいと思います。

台風18号による北アルプスの滝谷での遭難事故の概要

1959年10月10日にフィリピンの東で発生した台風18号は、シャーロット台風とも呼ばれていて、13日にはルソン島の東で中心気圧905hPaまで発達しています。 そして16日から17日にかけて沖縄地方に接近して大きな被害を与えた後、18日には本州南岸に進んで(図1)、19日21時には関東の東で温帯低気圧に変わっています。この南岸を進んだ台風による急激な天候の悪化によって、北アルプスの滝谷で登攀をしていた大学山岳部や社会人山岳会の数パーティーのうち8名の方が低体温症によって亡くなったのです。 そのうちの大学山岳部3名と社会人山岳会2名の2パーティーについての行動の詳細が、当時の大学山岳部の追悼誌に基づいて「山岳遭難と衣服(PDF)」という論文(1985 武庫川女子大学 安田武(教授) 日本山岳会会員 (いずれも当時))において、2つ目の事例として掲載されています。 この論文はアラスカのデナリ(旧称マッキンリー)で行方不明となった植村直己さんの遭難事故も含めて4つの事例について、山岳遭難と衣服に関する考察がまとめられており、現在でも非常に参考になりますので一読をお勧めいたします。今回の滝谷の遭難事故の概要は以下の通りです。 --------------------- 10月18日の北アルプスの滝谷は朝から雪で、昼頃から風雪が強まってきたため、2パーティーともに途中で撤退。そして引き返す途中で雪崩が発生、偶然にも滝谷の同じ岩穴の中に避難した。 大学山岳部の3名は濡れた木綿の下着を脱いで毛のセーターを直に着たのに対して、社会人山岳会の2名は着替えずに重ね着をしたのみだった。結果は、絵に描いたように衣服が生死を分けて、大学山岳部の3名は生還、社会人山岳会の2名は低体温症で亡くなった。 --------------------- 1985年の古い論文ですが、その中にある次の教訓は、現在にも通じる貴重なものと思います。2009年7月に発生したトムラウシ山遭難事故でも、前日に濡れた衣服を着替えたかどうかが生死を分ける要因の一つとなっています。 --------------------- 『それにしても、ぬれた木綿の肌着を身につけるのと、毛のものを肌につけるのとで、かくも生死が分かれるとは誰も予想しにくいのではないだろうか。また、凍死が簡単に起こることをこの遭難は教えてくれる。ぬれた肌着は着替えること。毛のものを肌につけること。これは、登山者の守るべき基本である』 ---------------------

【関連記事】