Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「プロって凄いんやな」神戸GK伊藤元太の圧巻練習映像にファン感嘆!コーチの凄まじい”キック精度”も話題

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

GK歴わずか5年足らずでプロへ

 ヴィッセル神戸のGK伊藤元太が28日、自身のツイッターを更新。キレキレのトレーニング映像を公開し、注目を集めている。 【動画】これぞプロ!圧巻の練習映像はこちら!正確無比なシュートにも刮目  愛媛県出身で現在20歳の伊藤は、中学2年時にボランチからGKへ転向。プロになるにはやや遅めのコンバートだったが、メキメキと頭角を現わすとU-16の日本代表候補にも選出。その後も成長を続け、2019年に地元の松山工高からGK歴わずか5年足らずでJ1の神戸に加入している。  そんな異色の守護神はSNSに1本の練習動画を投稿。それはアレックスGKコーチと行なったシュートセーブを繰り返すもので、伊藤は素早い身のこなしで続けざまに左右に飛びつき、ゴールを死守。まさにプロが見せる圧巻のパフォーマンスとなっている。  そしてまた同時に注目を集めているのが、アレックスコーチのキックの正確さだ。伊藤本人も「アレキのキックの精度すごい」と綴っているように、同コーチは左右両足を使いピンポイントで枠ぎりぎりを射抜き続けている。  これらを見たファンも絶賛。次のような声が寄せられている。   「入る気しない!!」 「キーパーカッコ良すぎる」 「やっぱり、プロになる選手って凄いんやな」 「起き上がりの速さやダイビングの伸びは凄すぎるな」 「絶対楽しいやつです」 「ナイキー アレックスも凄い」 「GKコーチってキック精度ホンマ大事」 「左利き?右利きどっちなんだろう?」  若武者の前には、飯倉大樹や前川黛也ら強力なライバルが立ち塞がり、出場機会はいまだに得られていない。ただそれでも、彼は前を向き続け、今この瞬間も我武者羅に練習に励んでいる。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】