Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「使い放題」か「カウントフリー」か 3キャリアの5G向け大容量プランの違い

配信

ITmedia Mobile

 5Gの商用サービスがいよいよ始まり、まずは6GHz未満のSub-6帯を活用した通信が対応機種で利用できるようになった。5Gの対応エリアはまだ少なく、外出自粛も続く中、5Gを活用できる機会は限られるが、改めて各社の大容量プランについておさらいしておきたい。 3キャリアの料金プラン比較表

NTTドコモの「5Gギガホ」

 NTTドコモは2020年3月25日から5G対応の大容量通信プラン「5Gギガホ」を提供。現時点で下り最大3.4Gbps、上り最大182Mbpsの通信が可能で、ミリ波を利用する6月からは下り最大4.1Gbps、上り最大480Mbpsの速度をサポートする(いずれも理論値)。  利用できる通信量は1カ月あたり100GBだが、現在は「データ量無料制限キャンペーン」によって無制限となり、終了時期は未定。そのまま正式な内容になる可能性もある。月額料金は7650円(税別、以下同)で、定期契約による割引はない。なお「5Gギガホ割」によって、最大6カ月間は1000円が割り引かれる。  音声通話は20円/30秒で、家族間は無料。音声通話定額オプションとしては、月額1700円で国内通話がかけ放題になる「かけ放題オプション」と、月額700円で1回あたり5分以内の国内通話が無料(超過分20円/30秒)になる「5分通話無料オプション」の2つを選べる。なお、「5Gギガホ音声割」によって、12カ月間は音声定額プランの料金が700円割引になる。

auは3つのプランを展開

 KDDIは2020年3月26日から、「データMAX 5G」をベースにし、コンテンツが付属する「データMAX 5G Netflixパック」の2プランを提供中。加えて同年6月から「データMAX 5G ALL STARパック」も提供する予定だ。auでは、2年間の定期契約による割引が選択できる。定期契約を利用しない場合には、170円が上乗せされる。  データMAX 5Gプランは容量無制限で通信できるプランだが、テザリング、データシェア、世界データ定額の合計の通信量には、月30GBの上限が設定されている。  「2年契約N」を適用すると月額料金は8480円だが、「5Gスタートキャンペーン」により、25カ月間は1000円が割り引かれる。通信量が2GBを下回った月は自動で1480円が割り引かれることも特徴だ。  通話料金は20円/30秒で、家族間は無料。通話の利用頻度が高い場合には、月額1700円で国内通話がかけ放題になる「通話定額」と、月額700円で1回5分以内の国内通話が無料(超過分は20円/30秒)となる「通話定額ライト」の2種類を選択できる。  データMAX 5G Netflixパックは、データMAX 5Gをベースにし、「Netflix(ベーシックプラン)」および、KDDIとテレビ朝日の合弁会社が提供する動画配信サービス「TELASA」も利用できるプランだ。月額料金は2年契約N適用時で9480円で、データMAX 5Gより1000円高い。  5Gスタートキャンペーンにより、25カ月間は1000円が割り引かれ、通信量が2GBを下回った月は自動で1480円が割り引かれることは共通する。一方、テザリングやローミングなどで消費する通信量の上限が倍の合計60GBに設定されている。  6月から提供予定の「データMAX 5G ALL STARパック」は、データMAX 5G Netflixパックが対応したコンテンツに加えて、「Apple Music」と「YouTube Premium」も利用できるプランだ。月額料金は、2年契約N適用時で1万980円。  5Gスタートキャンペーンによる25カ月間1000円割引と、2GBを下回った月の1480円割引は、こちらのプランでも共通。テザリングやローミングなどで消費する通信量の上限は、Netflixパックよりもさらに多い80GBに設定されている。

【関連記事】