Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【狩りガール】猟友会って絶対に入らなきゃいけないの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

■所属するのにお金がかかる猟友会。その金額は?  皆さんこんにちは! 茨城県でヨガのインストラクターの傍ら、新米猟師をしているNozomiです。前回は狩猟車について綴らせて頂きましたね。今回は「猟友会」という組織について綴らせて頂こうと思います。その仕組みや、メリット・デメリットについて一緒に勉強していきましょう! 私の拙い文章を通して、少しでも“狩猟”に興味のある方、すでに“狩猟”に携わっている方、そして何より“いのち”と向き合っているすべての方のお役に立てれば幸いです。  【狩りガール】猟友会って絶対に入らなきゃいけないの?  さて、これから狩猟を始めようと思っている方、「猟友会」という組織はご存知でしょうか? 近年鳥獣の被害が拡大してきており、ニュース等でも「市街地にイノシシが迷い込み、“地元猟友会”が捕獲に出動しました」といったニュースを見ることが増えてきましたね。そういった映像でよく見かける、オレンジ色のベストと帽子を着たあの人達こそが猟友会の方々なのです。  猟友会とは野生鳥獣の保護や狩猟の適正化のための組織で、主に「野生鳥獣の保護増殖」「狩猟事故・違反防止対策」「狩猟共済」の3つの事業を行っています。まずトップに「大日本猟友会」があり、その下に各都道府県猟友会、さらに各市区町村に「支部」が存在します。もし皆さんが猟友会に入ろうと思ったら、この支部に所属することになります。  猟友会に入ると、同時に「都道府県の猟友会」と「大日本猟友会」にも所属することになるので、「各支部」と合わせて3つの会費を払わねばなりません。大日本猟友会は第一種銃猟が4,800円、第二種銃猟3,300円、網猟・わな猟なら2,300円です。都道府県猟友会と各支部の会費は場所によってマチマチですが、それぞれ5,000円~10,000円程度です。例えば、第一種銃猟ならすべて合わせて年間15,000円程度が会費としてかかるようです。  ちなみに、支払うものはまだまだあります('Д') その年度の狩猟税や狩猟者登録の手数料も同時に支払いしますし、支部によっては「協力金」「事務手数料」などがかかり、合わせて猟期毎に20,000~50,000円を支払わねばなりません。私の場合はわな猟、2年目で22,000円くらいでしたね。参考までに以下〈猟友会ポイント〉に2020年度の私の支払額の内訳を載せておきましたので参考にしてみてくださいね! 〈猟友会ポイント〉 ⑴「猟友会」は野生鳥獣の保護や、狩猟の適正化(違反や事故の防止)、後継者の育成等の活動を行う為の組織! ⑵猟友会に所属すると「大日本猟友会」「都道府県の猟友会」「市町村の猟友会」の3つに所属することになって、各々に会費がかかり、猟法や、各自治体によって値段は異なるよ。 ⑶参考例Nozomiの場合(2020年度狩猟者登録申請緒経費内訳) 狩猟税 8,200円 登録手数料 1,900円 免許証明料 400円 大日本猟友会会費(網猟・わな猟) 2,300円   茨城県猟友会会費 5,000円 猟友会支部会費 1,000円 連絡協議会会費 1,300円 わな保険 2,000円 合計 22,100円 ちなみに新規会員の場合、茨城県の場合は入会金として5,000円+税がかかります。神奈川県など入会金がかからないところもあるようです。

【関連記事】