Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

狭い部屋を“おうちジム”に。2000円ほどの道具で気分がアガる

配信

女子SPA!

 LA在住のライター、Momo Takahashiです。  5月12日の週から、カリフォルニアはじめ一部の州ではレストランなどが再オープンし始めましたが、いまだ多くの施設がクローズ中です。日本でも5月14日に39県で緊急事態宣言が解除になったとはいえ、スポーツジムなどは営業自粛が続いているようですね。 ⇒【写真】部屋でできるエクササイズ  カリフォルニアでは、ちょっとした道具を使って、お部屋をジム化する人も。筆者の知人たちの、ヘルシーなステイ・アット・ホーム・ライフをご紹介しましょう(撮影は筆者)。

ヨガマット大のスペースで、お家をプチ・トレーニングジムに

 一人暮らしなどの狭い部屋でもヨガマット大のスペースがあればジムなみのエクササイズが簡単にできます。さらにダンベル、ウエイト、バランスボール、ロープなどがあればジムなみのエクササイズが実現可能。パソコンなどのデスクワークで凝り固まった上半身をほぐしたり、座りすぎて血の巡りが悪くなった下半身をストレッチしましょう。 1)ドアに引っ掛けるフックにロープを掛けて、両端を引っ張れば胸筋、肩、二の腕などの強化に最適。 (※編集部注:日本でも「エクササイズチューブ」などの名前で、2000円台からネットで購入できます) 2)ヨガマットに仰向けになり、バランスボールに脚を乗せてヒップを上下にゆっくりと動かす。腹筋、背筋、大腿四頭筋などが鍛えられます。また、座りすぎで凝り固まった下半身の筋肉をほぐし、滞った血流もスムーズに流します。 3)バランスボールを頭の位置に置き、その上からうつ伏せになるように横たわる。腕はハの字に肘を曲げ、バランスボールにもたれかかる。ボールの上で腕立て伏せのように上下運動を行います。 (※編集部注:バランスボールは1500円程度からピンキリ) 4)肩幅サイズに脚を広げ、ウエイトを両手で持ち上下、前後にゆっくり動かす。胸をしっかり伸ばし、尾てい骨(びていこつ)を床に近づけていくイメージで。 5)基本の腕立て伏せも真剣にやれば上半身の筋肉アップに。写真のように最近は、腕立てアシストを使えば簡単に二の腕が鍛えられます。 (※編集部注:「プッシュアップバー」などの名前で、 2000円前後から購入できます)

【関連記事】