Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東福岡が圧倒的な攻撃力でアビスパ福岡U-18に10発大勝!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 5年ぶりの高校サッカー選手権優勝を目指す東福岡が圧倒的な攻撃力を見せ、ライバルチームから勝点3を奪った。 【フォトギャラリー】アビスパ福岡 U-18 vs 東福岡  9月22日、スーパープリンスリーグ九州の第3節が行なわれ、東福岡は福岡フットボールセンターでアビスパ福岡 U-18と対戦。同県のライバルチームに対し、東福岡は序盤から攻勢を仕掛ける。ボランチの佐藤聡史(3年)を起点に左サイドハーフの青木俊輔(3年)、右サイドハーフの遠藤貴成(3年)らがサイドからチャンスを演出。すると、7分に決定機を掴む。MF田中幸樹(3年)の左クロスから青木が左足でネットを揺らし、早い時間帯に先制した。  以降も主導権を握り、攻守で福岡U-18を圧倒。伝統のサイド攻撃で相手を押し込み、ゴール前で次々にチャンスを作る。  31分にはペナルティエリア内でハンドを犯した福岡U-18のDF小泉慎二(3年)が決定機阻止で退場。これで得たPKをFW長野星輝(3年)が決め、さらにリードを広げる。  数的優位にとなった東福岡はここからさらに猛攻を仕掛ける。39分にオウンゴールで加点すると、後半開始直後の46分には右SB竹内良(3年)のクロスから長野が4点目を奪う。さらに58分に遠藤、続く59分にも長野がハットトリックとなるゴールを決めてリードを7点とした。  完全に勝負を決めた東福岡は以降も攻撃の手を緩めない。75分には長野がCB千代島瞬(3年)のお膳立てから自身4点目となるゴールを決める。88分には途中出場組のコンビネーションで好機を掴み、MF楢崎海碧(2年)のアシストからMF酒井大斗(3年)がネットを揺らした。その直後に角田朋輝(3年)に1点を返されたもののアディショナルタイムにMF楢崎海碧(2年)と187cmの大型MF椋原魁斗(2年)が加点。終わってみれば10-1の快勝で、東福岡が開幕2連勝を果たした。  攻撃陣の躍動で勝利を掴んだ東福岡。特にサイド攻撃が冴え渡り、迫力のある突破から何度も決定機を作った。試合後、青木は「サイド攻撃はチームのスタイルで最大の強み。それはみんな意識しているし、サイドハーフが突破することでチャンスを作れる」と手応えを明かし、自分たちの“らしさ”が出たゲームに充実の表情を浮かべた。  選手権予選まで約1ヶ月。今年は夏休みの期間に遠征などが行なえず、手探りの中でチームを強化してきた。残された準備期間は多くないが、スーパープリンスリーグ九州を戦いながら、攻撃のさらに精度を高めていけるか。2年ぶりの選手権出場に向けて、東福岡はさらなる成長を誓う。 (文・写真=松尾祐希)

【関連記事】